本文へジャンプします。

TOP

ニフティクラウド仕様・機能

Red Hat Cloud Access

Red Hat認定クラウドプロバイダーのニフティクラウドでは、 Red Hat Cloud Accessにより“Bring Your Own Subscription”が可能となり、お客様保有のOSイメージをお持ち込みいただきニフティクラウド上でご利用いただけます。サポートはRed Hat社から提供されます。

「Red Hat Cloud Access」について詳しくは、下記「ご利用方法」をご覧ください。

仕様

VMインポートを利用し、お客様が保有する「Red Hat Enterprise Linux サブスクリプション」のOSイメージを、ニフティクラウドにお持ち込みいただくことが可能です。 持ち込み可能なOSは、VMインポートの「インポート可能OS」にてご確認くだださい。また、VMインポートについて詳しくは、下記ページをご覧ください。

  • ※サポートについては、持ち込みイメージに付随するサブスクリプション契約に従って、Red Hat社のサポート窓口にお問い合わせください。「Red Hat Cloud Access」について詳しくは下記のRedHat社ページをご覧ください。

料金

VMインポート機能の料金に準じます。

ご利用方法

Red Hat社サイトにて「Red Hat Cloud Access」登録後、VMインポートにてニフティクラウドへOSイメージをお持ち込みください。

Red Hat Cloud Access登録

Red Hat社ページにて詳細をご確認の上、「Enroll Now」より登録を行ってください。

  • ※登録時に@nifty IDが必要となりますので、あらかじめご準備ください。
OSイメージの持ち込み(VMインポート)方法について

手順など詳しくは、下記ページをご覧ください。

注意事項

  • 毎月契約した「法人名」「住所」「サーバー数」がRed Hat社に送信されます。
  • Red Hat社が提供するサポート期間については下記ページをご覧ください。
  • エラータ通知について (メール、メーリングリスト、RSS フィード)は下記ページをご覧ください。
  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。詳しくは、「弊社商品の価格表示について」をご覧ください。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2017年6月27日時点の情報です。

ニフティクラウド 機能・サービス一覧