本文へジャンプします。

ディスク受取サービス

クラウド トップ>機能・サービス>ディスク受取サービス

ディスク受取サービス

ディスク受取サービス

ディスク受取サービスとは、お客様がお持ちの大容量データやVMイメージを、ニフティが用意する専用ディスクに格納しお送りいただくことで、インターネットを介することなく、お客様のデータを安全で高速に、VMインポートや指定のストレージ領域に転送するサービスです。

特長

大容量データやVMイメージのクラウドへの転送時間を短縮可能

大容量データやVMイメージのクラウドへの転送は、一般的に多くの時間を必要とします。
本サービスの利用により、多くの場合においてクラウドへの転送時間を短縮可能です。

クラウドへの大容量のデータやVMイメージ移行を安価に実現可能

実際に大容量のデータやVMイメージを移行する際に必要な一般的なSE費用に比べ、安価に移行可能です。

専用の転送用ディスクをご提供

専用の転送用ディスクをご用意します。お客様にディスクをご用意いただく必要はありません。

ネットワーク帯域のひっ迫を考慮する必要なし

インターネットを使用しないため、お客様のインターネット環境に負荷をかけることはありません。

仕様

サービス内容についての詳しい情報は、「ディスク受取サービス」のサービス仕様書に記載しておりますので、必ずお読みください。

転送に利用するディスク媒体
(ニフティが用意する本サービス専用ディスク媒体)
型番 Buffalo「HD-LL2.0U3-BK」
インタフェース USB 2.0/3.0
サイズ 3.5インチ
転送に利用するディスク媒体の容量 2TB/ディスク
一度に送付可能なディスク容量 8TB(2TB×4本)
転送可能なニフティクラウド上のストレージ種別 増設ディスク、ニフティクラウドストレージ(旧)
VMインポート
インポート可能なovfファイル
VM数 1
ディスク数 15(※1)
仮想ハードウエア vHW7、vHW8、vHW9、vHW10
VMDKファイルのサイズ ローカルディスク 500GB
追加ディスク 各増設ディスクタイプの上限まで
OS VMインポート可能OSに準じます(※2)
  • ※1ニフティ側でOS領域を判断できないため、仮想ハードディスク1をローカルディスク、仮想ハードディスク2以降を増設ディスクとして判断し、VMインポートを実施させていただきます。
  • ※2VMインポート可能OSは、下記ページでご確認ください。
VMについて
VM名 半角英数1〜15文字以内をヒアリングシートで指定
対応可能リージョン east-1/east-2/east-3/west-1
追加ディスクが存在する場合 ディスク名 ディスク毎にヒアリングシートで指定
ディスクタイプ ディスク毎にヒアリングシートで指定
ディスク容量 元のVM上で割り当てされていたサイズを100GB単位で切り上げ
料金プラン 月額 ※従量は指定できません。
インポート後のVMの状態

インポート後のVMの状態は、下記の通りです。
サーバータイプなどの各項目をあらかじめ指定することはできませんのでご了承ください。

サーバータイプ mini
サーバーステータス 停止
グローバルIP なし
プライベートIP 共通プライベート
ファイアウォール なし
料金プラン 月額
サーバータイプ・仕様、増設ディスク、ニフティクラウドストレージ(旧)について

詳しくは、各機能のページをご覧ください。

料金

  都度料金(税抜)
ディスク受取サービス 25,000円/専用ディスク(2TB)
VMインポート 20,000円/ovf
  • ※1回の申し込みでお貸しするデータ転送用のポータブル記憶装置は1台となります。
  • ※別途、ニフティまでのディスク送付の送料(実費)が発生します。
  • ※VMインポートをご希望の場合は、専用ディスクにovfファイルを入れ、ご送付ください。

ご利用までの流れ

利用までの流れ

  • ※1VMインポートをご希望の場合は、このタイミングでVMインポートします。
  • ※転送するデータ容量、VMイメージ数により期間は変動します。

下記フォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ご注意事項

  • ※本ページ記載の金額は、すべて税抜表示です。詳しくは、「弊社商品の価格表示について」をご覧ください。
  • ※本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。
  • ※本ページの内容は、2016年12月14日時点の情報です。

ニフティクラウド 機能・サービス一覧

推奨画面サイズ 1024×768 以上