本文へジャンプします。

ニフティクラウド ヘルプ

サーバーの作成

「サーバー作成」ボタンをクリックします。

OSイメージが表示されるので、作成するイメージをクリックします。

イメージ選択

  • ※イメージ選択で、各「Red Hat Enterprise Linux」を選択した場合は、レッドハットソフトウエア サブスクリプション契約ダイアログが表示され、利用規約への同意が必要になります。

サーバーを作成するソーンを設定後、サーバータイプの一覧から作成するタイプの「選択」をクリックします。

サーバータイプ選択

サーバーの設定情報を入力します。

サーバー設定

サーバー名 作成するサーバーに名前を設定します。
メモ メモ情報を設定します。
料金プラン サーバーに適用する料金プランについて、「月額」「従量」のいずれかを選択します。
SSHキー SSHキーを選択します。SSHキーを複数作成している場合は、今回作成するサーバーへのログインに使用するものを選択してください。
ボタンクリックで新規に作成することができます。
ファイアウォール サーバーに適用するファイアウォールを設定します。「適用しない」を選択した場合、全ての通信が許可されます。
ボタンクリックで新規に作成することができます。
ネットワーク グローバル 「自動割り当て」「付け替えIPアドレス」「利用しない」を選択します。「利用しない」を選択するとインターネットからのアクセスは遮断されます。
プライベート 「共通プライベート」と作成済みのプライベートLANから選択ます。
IPアドレスは、「共通プライベート」の場合は「自動割り当て」「付け替えIPアドレス」から、作成済みのプライベートLANを利用する場合は、「自動割り当て」「指定する」「指定しない」から選択します。
スクリプト サーバーが起動した際に実行するスクリプトを設定できます。「使用しない」「使用する」を選択します。
SSHキー作成画面

SSHキー作成画面

SSHキー名 SSHキーを管理する際に識別するための名前を付けます。
パスフレーズ SSH認証に使用するパスフレーズをここで設定します。

入力後、「SSHキー作成」ボタンをクリックすると、SSH秘密鍵が生成され、拡張子が「.pem」のファイルをダウンロードできます。ブラウザーのダイアログに従って、ダウンロードを行ってください。

ブラウザーのダイアログ

ファイアウォール作成画面

グループ名を入力し、「INルール追加」または、「OUTルール追加」ボタンをクリックします。ここでは 「INルール追加」を例とします。

INルール追加

ルールの内容を設定します。複数のルールを設定する場合は、「INルール追加」ボタンをクリックして明細行を追加していきます。「ルール追加」ボタンをクリックすることでルールが作成されます。

ルール追加

INルール プロトコル 通信を許可したいプロトコルを選択します。ポート指定を行いたい場合はTCPまたはUDPを選択します。
宛先ポート プロトコルでTCPまたはUDPを選択した場合に、通信を許可したいポートの範囲を入力します。
接続元種別 通信を許可したい接続元を選択します。
  • リモートIPアドレス:コントロールパネルにアクセスしているIPアドレス
  • IPアドレス(IPv4):IPv4アドレスを入力
  • CIDR(IPv4):IPv4 CIDRを入力
  • IPアドレス(IPv6):IPv6アドレスを入力
  • CIDR(IPv6):IPv6 CIDRを入力
  • グループ:作成済みのファイアウォールグループを選択
  • ANY:すべてのIPアドレス
IP/CIDR・グループ 接続元種別に応じた接続元の入力・選択をします。
  • ※「ファイアウォールを適用しない」を選択した場合、ファイアウォールに属していないサーバーとなるため、すべての通信が許可されます。
スクリプト指定画面
  • ※2011年10月26日以前にスタンダードイメージから作成したサーバーおよび、VMインポート機能で作成したサーバーには利用できません。

スクリプト指定画面

サーバー作成 確認のダイアログが表示されるので、内容を確認し、「作成する」ボタンをクリックすると、サーバーの作成処理が始まります。

確認

サーバーの作成は、5分程度で完了します。

  • ※サーバーの作成が完了するまでは、サーバーに対する操作は行えません。
  • ※サーバーの作成が完了すると、作成したサーバーのステータスは「起動中」になります。

ニフティクラウド サイト内検索

ヘルプメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上