本文へジャンプします。

ニフティクラウド ヘルプ

クラウド トップ>ヘルプ>RDB>DBサーバーの操作

RDB:DBサーバーの操作

選択したDBサーバーの編集、削除などができます。

RDB:DBサーバー一覧

設定変更

RDB:DBサーバー 設定変更ダイアログ

基本設定
DBサーバー名 作成するDBサーバーの名前を設定します。
DBサーバータイプ DBサーバータイプを変更して、DBサーバーのパフォーマンスを調整できます。
DBサーバータイプに応じて利用料金が変化します。
ディスク容量 DBサーバーの容量を変更することが可能です。容量に応じて利用料金が変化します。
容量の増加のみ可能であり、減少には対応しておりません。
冗長化 DBサーバーの冗長化構成(データ優先 / 性能優先)を有効にするかどうかを指定する。
レプリカの名前 冗長化構成(性能優先)で作成する場合、レプリカDBサーバーの名前を入力します。リージョン内で一意である必要があります。
ポート リストアして作成するDBサーバーに接続するためのポートを設定します。
DB設定
DBのパスワード マスターユーザーのパスワードを設定します。
DBファイアウォール DBファイアウォールを設定します。
DBパラメーターグループ DBパラメーターグループを設定します。
オプション設定
自動バックアップ 自動バックアップするかどうかを設定します。
バックアップ保持期間 バックアップデータを保持する日数を設定します。
3日と設定している場合、4日目に最初のバックアップデータが削除されます。
バックアップ時間設定 バックアップをする時間を設定します。
設定がない場合、システムのデフォルト値が設定されます。
メンテナンス時間設定 メンテナンスをする時間を設定します。
設定がない場合、システムのデフォルト値が設定されます。
VLAN設定
VIP プライベートLANに所属しているDBの場合のみ表示します。
マスターDBのプライベートIPアドレス プライベートLANに所属しているDBの場合のみ表示します。
スレーブDBのプライベートIPアドレス プライベートLANに所属しているDBの場合で、冗長化(データ優先)を有効にしている場合のみ表示します。
レプリカDBのプライベートIPアドレス プライベートLANに所属しているDBの場合で、冗長化(性能優先)を有効にしている場合のみ表示します。
変更のタイミング

「今すぐ」を選択して設定変更を完了すると、DBサーバーに新しい設定が即時に反映されます。「次のメンテナンス時」を選択して設定変更を完了すると、サーバー毎に設定されているメンテナンス時間を利用して、設定変更が行われます。

変更のタイミングは以下の設定のみ適用されます。

  • DBサーバー名
  • DBサーバータイプ
  • ディスク容量
  • 冗長化機能
  • 自動バックアップYES/NO切り替え

これ以外の設定は、即時に変更が適用されますのでご注意ください。「今すぐ」を選択すると変更内容によっては、DBサーバーの再起動が伴う可能性があります。また、DBパラメーターグループ変更の反映には再起動が必要になります。

リードレプリカ作成

負荷分散のためのリードレプリカを作成します。リードレプリカは、リードレプリカ元のDBサーバーの自動バックアップをONにしている必要があります。

RDB:DBサーバー リードレプリカ作成ダイアログ

レプリカの名前 リードレプリカの名前を設定します。
DBサーバータイプ リードレプリカのDBサーバータイプを設定します。
レプリカのポート リードレプリカに接続するためのポートを設定します。
※マスターDBサーバーと同じポート番号が自動で設定されます。変更はできません。
ディスクタイプ リードレプリカのディスクタイプを選択します。
レプリカのプライベートIPアドレス
  • ※プライベートLANに所属しているDBの場合のみ
リードレプリカのプライベートIPアドレスを設定します。

DBサーバータイプとDBサーバーのディスク容量によって料金が変化するので、料金を確認した上でリードレプリカを作成してください。

DBスナップショット作成

DBサーバーのDBスナップショットを作成します。

RDB:DBサーバー DBスナップショット作成ダイアログ

DBスナップショットの作成元サーバー DBスナップショットの作成元となるDBサーバーが表示されます。
作成するDBスナップショットの名前 DBスナップショットの名前を設定します。

DBスナップショット容量によって料金が変化するので、料金を確認した上でスナップショットを作成してください。

ポイントインタイムリカバリー

DBサーバーのある時点の状態から新しくDBサーバーを作成することができます。

RDB:DBサーバー ポイントインタイムリカバリーダイアログ

リストア元のDBサーバー リストアするDBサーバーが表示されます。
リストアに使用する時間 最新に設定すると、リストア可能な最新の状態で新しくDBサーバーが作成されます。
指定時刻を設定すると、その時点のDBサーバーの状態から、新しくDBサーバーが作成されます。
DB サーバーの名前 リストアして作成するDBサーバーの名前を設定します。
DBサーバータイプ DBサーバータイプを設定します。
ディスクタイプ DBサーバーのディスクタイプを設定します。
冗長化 DBサーバーの冗長化構成(データ優先 / 性能優先)を有効にするかどうかを指定する。
レプリカの名前 冗長化構成(性能優先)で作成する場合、レプリカDBサーバーの名前を入力します。リージョン内で一意である必要があります。
ポート リストアして作成するDBサーバーに接続するためのポートを設定します。
ゾーン リストアするDBサーバーのゾーンを設定します。リストア元とは別のゾーンにも作成可能です。
プライベートLANに所属しているDBの場合は、ゾーンの指定が必須になります。
VIP
  • ※プライベートLANに所属しているDBの場合のみ
実際にアプリケーションがアクセスするためのプライベートIPアドレスを設定します。
マスターDBのプライベートIPアドレス
  • ※プライベートLANに所属しているDBの場合のみ
マスターDBのプライベートIPアドレスを設定します。
スレーブDBのプライベートIPアドレス
  • ※プライベートLANに所属しているDBの場合かつ冗長化構成(データ優先)を有効にしている場合のみ
スレーブDBのプライベートIPアドレスを設定します。
レプリカDBのプライベートIPアドレス
  • ※プライベートLANに所属しているDBの場合かつ冗長化構成(性能優先)を有効にしている場合のみ
レプリカDBのプライベートIPアドレスを設定します。
DBファイアウォール DBサーバーに適用するDBファイアウォールを選択します。
DBパラメーターグループ DBサーバーに設定するDBパラメーターグループを選択します。カスタマイズしたDBパラメーターグループと、デフォルトのDBパラメーターグループが利用可能です。

DBサーバー再起動

DBサーバの再起動を行います。

RDB:DBサーバー DBサーバー再起動ダイアログ

フェイルオーバー 「通常通り再起動する」「フェイルオーバーを通して再起動する」のどちらかを選択します。
  • ※「フェイルオーバーを通して再起動する」は、フェイルオーバーのテストやフェイルオーバーによって待機系になったDBサーバーを主系へ戻す場合などに役立ちます。
再起動オプション 再起動オプションを選択します。
  • ※DBサーバーのステータスが、不正なDBパラメーターまたはディスク容量逼迫の場合、「DB通常再起動」は選択できません。
  • ※「フェイルオーバーを通して再起動する」を選択している場合、「DB通常再起動」のみ選択可能です。
再起動する 再起動対象のDBサーバーに間違いがなければ、チェックボックスをクリックします。

DBサーバー削除

DBサーバの削除を行います。

RDB:DBサーバー DBサーバー削除ダイアログ

削除オプション 「削除する前にスナップショットを作成する」「通常通り削除する」のどちらかを選択します。
  • ※削除前にDBスナップショットを作成しておくと、直前のDBサーバーの状態からリストアして新しくDBサーバーを作成することができます。DBスナップショット作成には、料金がかかりますのでご注意ください。
  • ※DBサーバーを削除した当月は、使用したDBサーバータイプ、ディスク容量分の料金がかかります。DBサーバーを削除すると元に戻すことはできませんのでご注意ください。
DBスナップショット名 「削除する前にスナップショットを作成する」を選択した場合、作成するDBスナップショットの名前を入力します。
削除する 削除対象のDBサーバーに間違いがなければ、チェックボックスをクリックします。

推奨画面サイズ 1024×768 以上