本文へジャンプします。

ニフティクラウド ヘルプ

クラウド トップ>ヘルプ>RDB>DBサーバーの作成

RDB:DBサーバーの作成

DBサーバーを新規作成します。DBサーバー一覧画面の「DB新規作成」をクリックすると作成画面が表示されます。

RDB:DBサーバー一覧

DBエンジン選択

一覧表示されているDBエンジンから、作成するDBサーバーで利用するものを選択します。

RDB:DB新規作成ダイアログ DBエンジン選択

基本設定

RDB:DB新規作成ダイアログ 基本設定

DBサーバー名 DBサーバーの名前を設定します。
DBサーバータイプ 作成するDBサーバーのタイプを選択します。
ゾーン DBサーバーが作成されるゾーンを選択します。
ディスクタイプ DBサーバーのディスクタイプを選択します。
ディスク容量 DBサーバーのディスク容量を設定します。
冗長化 冗長化構成(データ優先 / 性能優先)を行うかどうかを指定する。
プライベートLAN DBサーバーをプライベートLANに所属させる場合、プライベートLANを指定します。
レプリカの名前 冗長化機能(性能優先)で作成する場合、レプリカDBサーバーの名前を入力します。リージョン内で一意である必要があります。
DBファイアウォール DBサーバーに適用するDBファイアウォールを選択します。
DBパラメーターグループ DBサーバーに設定するDBパラメーターグループを選択します。カスタマイズしたDBパラメーターグループと、デフォルトのDBパラメーターグループが利用可能です。
  • ※プライベートLANを選択した場合、またはプライベートLAN(旧)利用中の場合は以下の項目が表示されます。
VIP 実際にアプリケーションがアクセスするためのプライベートIPアドレスを設定します。
マスターDBのプライベートIPアドレス マスターDBのプライベートIPアドレスを設定します。
  • ※IPアドレスとプライベートLANのサブネットマスクを入力してください。 例:192.168.1.10/24
    プライベートLAN(旧)をご利用の場合は、お申し込み時に申請したサブネットマスクを指定するようにしてください。
スレーブDBのプライベートIPアドレス
(冗長化を有効にしている場合のみ)
スレーブDBのプライベートIPアドレスを設定します。
  • ※IPアドレスとプライベートLANのサブネットマスクを入力してください。 例:192.168.1.11/24
    プライベートLAN(旧)をご利用の場合は、お申し込み時に申請したサブネットマスクを指定するようにしてください。
レプリカDBサーバーのプライベートIPアドレス レプリカDBのプライベートIPアドレスを入力します。
  • ※IPアドレスとプライベートLANのサブネットマスクを入力してください。 例:192.168.1.12/24
    プライベートLAN(旧)をご利用の場合は、お申し込み時に申請したサブネットマスクを指定するようにしてください。

DB設定

RDB:DB新規作成ダイアログ DB設定

DBの名前 DBの名前を設定します。
DBのユーザー DBサーバーに接続する際のマスターユーザーの名前を設定します。
DBのパスワード DBサーバーに接続する際のマスターユーザーのパスワードを設定します。
DBのポート DBサーバーに接続するためのポートを設定します。
オプション設定

RDB:DB新規作成ダイアログ オプション設定

自動バックアップ 自動バックアップを行うかどうかを選択します。YESを選択すると、下記のバックアップに関する設定が可能になります。
バックアップ保持期間 バックアップデータを保持する日数を設定します。3日と設定している場合、4日目に最初のバックアップデータが削除されます。
バックアップ時間設定 バックアップをする時間を設定します。設定がない場合、システムのデフォルト値が設定されます。
メンテナンス時間設定 メンテナンスをする時間を設定します。設定がない場合、システムのデフォルト値が設定されます。

確認画面

設定した項目と利用料金が表示されるので、確認したうえでDBサーバーを作成してください。

RDB:DB新規作成ダイアログ 確認画面

推奨画面サイズ 1024×768 以上