本文へジャンプします。

ニフティクラウド ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>RDB>DBサーバーの再起動

RDB:DBサーバーの再起動

DBサーバーの設定変更によってDBサーバーに紐づくDBパラメーターグループを変更した場合や、DBサーバーが所属するDBパラメーターグループ内の設定を変更した場合には、設定の変更を反映するためにDBサーバーを再起動する必要があります。

再起動オプション「DB通常再起動」を指定して実行すると、DBサービスが再起動されます。
再起動を行うとDBパラメーターグループの中で保留となっていた変更がDBサーバーに適用されます。
DBサーバーの再起動を行うと瞬断が発生し、その間DBサーバーのステータスはrebooting(再起動中)となります。
再起動が完了したときにはイベントが発生します。

  • ※作成に失敗したDBサーバーは、再起動ができません。
  • ※再起動オプション「DB強制再起動」、「OS通常再起動」、「OS強制再起動」は、DBが利用できないなどの異常時にご使用ください(再起動を強制的に行うためデータの破損などが発生する可能性がございます)。

冗長化機能(データ優先)がオンだった場合、再起動のときに強制的にフェイルオーバーを起こすことができます。これによってDBサーバーの可用性を確認したり、一度フェイルオーバーによって待機系となったDBサーバーを主系へと戻すことができます。

ここではフェイルオーバーを行った上でDBサーバーを再起動する手順を説明します。

コントロールパネル

ニフティクラウドRDBを表示します。

左メニューの「DBサーバー」をクリックします。

再起動したいDBサーバーのチェックボックスを選択します。

「選択したDBサーバーの操作」と表示されているドロップダウンメニューから「DBサーバー再起動」を選択します。

「フェイルオーバーを通して再起動する」を選択します。

「DB通常再起動」を選択します。

「再起動する」チェックボックスをオンにします。

「OK」ボタンをクリックします。

API

下記のパラメーターを指定し、RebootDBInstance APIを実行します。

DBInstanceIdentifier = mydbinstance
ForceFailover = true
https://rdb.jp-east-1.api.cloud.nifty.com/
    ?Action=RebootDBInstance
    &DBInstanceIdentifier=mydbinstance
    &ForceFailover=true
    &SignatureVersion=2
    &SignatureMethod=HmacSHA256
    &Timestamp=2013-12-09T00%3A00%3A00.000Z
    &AWSAccessKeyId=<Nifty Cloud Access Key ID>
    &Signature=<Signature>

ニフティクラウド サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上