本文へジャンプします。

ニフティクラウド ユーザーガイド

RDB:DBサーバーの削除

DBサーバーを削除する際には、DBサーバー名と最後のDBスナップショットを作成するかどうかを指定する必要があります。最後のDBスナップショットを作成しない場合、あとからそのDBサーバーの最後の状態を復元することができなくなります。DBサーバーを削除した場合、自動バックアップによってつくられたDBスナップショットはすべて削除され、復元することはできません。手動によるDBスナップショットは削除されません。

削除したいDBサーバーにリードレプリカが存在していた場合には、そのDBサーバーを削除することはできません。

ここでは、最後のDBスナップショットを作成せず、素早くDBサーバーを削除する手順を説明します。DBサーバーを削除すると自動バックアップで作成されたDBスナップショットはすべて削除されることに注意してください(手動で作成したDBスナップショットは削除されません)。

コントロールパネル

ニフティクラウドRDBを表示します。

左メニューの「DBサーバー」をクリックします。

削除したいDBサーバーのチェックボックスを選択します。

「選択したDBサーバーの操作」と表示されているドロップダウンメニューから「DBサーバー削除」を選択します。

「通常通り削除する」ラジオボタンを選択します。

「削除する」チェックボックスをオンにします。

「OK」ボタンをクリックします。

API

下記のパラメーターを指定し、DeleteDBInstance APIを実行します。

DBInstanceIdentifier = mydbinstance
SkipFinalSnapshot = true
https://rdb.jp-east-1.api.cloud.nifty.com/
    ?Action=DeleteDBInstance
    &DBInstanceIdentifier=mydbinstance
    &SkipFinalSnapshot=true
    &SignatureVersion=2
    &SignatureMethod=HmacSHA256
    &Timestamp=2013-12-09T00%3A00%3A00.000Z
    &AWSAccessKeyId=<Nifty Cloud Access Key ID>
    &Signature=<Signature>

ニフティクラウド サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上