本文へジャンプします。

ニフティクラウド ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>RDB>ポイントインタイムリカバリーによるDBサーバー作成

RDB:ポイントインタイムリカバリーによるDBサーバー作成

コントロールパネル

ニフティクラウドRDBを表示します。

左メニューの「DBサーバー」をクリックします。

「DBサーバー一覧」ページが表示されます。

「DBサーバー一覧」ページでポイントタイムリカバリーの元にしたいDBサーバーのチェックボックスをオンにします。

「選択したDBサーバーの操作」と表示されているドロップダウンメニューから「ポイントインタイムリカバリー」を選択します。

「ポイントインタイムリカバリー」ダイアログが表示されます。

「ポイントインタイムリカバリー」ダイアログの「リストアに使用する時間」フィールドで「指定時刻」ラジオボタンを選択します。

「指定時刻」ラジオボタン右のカレンダーからポイントインタイムリカバリーに利用したい年月日を指定します。

同様にドロップダウンメニューで日時を指定します。

「サーバーの名前」テキストフィールドに新しいDBサーバーにつけたい名前を入力します。

新しいDBサーバーを作成するのに必要な料金を確認します。

その他のオプション情報を入力します。

「リストアする」ボタンをクリックします。

「保存する」ボタンをクリックします。

API

下記のパラメーターを指定してRestoreDBInstanceToPointInTimeを実行します。

SourceDBInstanceIdentifier = mydbinstance
TargetDBInstanceIdentifier = mydbinstancepit
UseLatestRestorableTime = true
https://rdb.jp-east-1.api.cloud.nifty.com/
    ?Action=RestoreDBInstanceToPointInTime
    &SourceDBInstanceIdentifier=mydbinstance
    &TargetDBInstanceIdentifier=mydbinstancepit
    &UseLatestRestorableTime=true
    &SignatureVersion=2
    &SignatureMethod=HmacSHA256
    &Timestamp=2013-12-09T00%3A00%3A00.000Z
    &AWSAccessKeyId=<Nifty Cloud Access Key ID>
    &Signature=<Signature>

ニフティクラウド サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上