本文へジャンプします。

ニフティクラウド ユーザーガイド

DNS:DNSゾーン登録

DNSゾーン登録手順

左メニューから「DNSゾーン管理」を選択します。

左上の「DNSゾーン登録」をクリックします。

DNS:DNSゾーン管理

DNSゾーン名に設定するドメイン名を入力し、「登録する」をクリックします。

DNS:DNSゾーン管理 DNSゾーン登録ダイアログ

ニフティクラウドDNSでドメインを取得した場合

DNSゾーンの登録が完了し、ドメインの一覧表示に戻ります。

他社で取得したドメインの場合

ドメインの所有権を確認するための認証が必要になります。確認コードを設定します。
ドメインの状態によって設定方法が異なります。以下の説明文を読み該当する手順を実施してください。

新規に取得したばかりでDNSゾーンの設定をしていないドメインの場合

新規に取得したばかりで、DNSゾーンの設定をしていないドメインの場合

Whois認証を行うため、ドメインのネームサーバーを表示された認証用のネームサーバーの値([認証用のトークン].cdns-verify.nifty.ad.jp)、およびニフティクラウドDNSのネームサーバーの値に変更します。ニフティクラウドDNSのネームサーバーは以下の2台です。

cdns0.nifty.ad.jp
cdns1.nifty.ad.jp
  • ※ネームサーバーの設定方法はドメインを取得した事業者によって異なります。
  • ※ネームサーバーの反映に時間がかかる場合があります。
  • ※認証用のトークンに有効期限はありません。

認証用の設定変更が反映されたら、「認証処理を実行する」をクリックし、認証を行います。

これでDNSゾーン登録は完了です。この段階でインターネットから登録したドメインの名前解決がニフティクラウドDNSに到達するようになります。

すでに利用中でDNSゾーン設定済みのドメイン、もしくはサブドメインの場合

すでに利用中でDNSゾーン設定済みのドメイン、もしくはサブドメインの場合

TXTレコード認証を行うため、既存のDNSゾーン(サブドメインの場合は親ドメインのDNSゾーン)に認証用のTXTレコードを作成し、表示された認証用のTXTレコードの値(nifty-dns-verify=[認証用トークン])を設定します。

  • ※認証用のトークンに有効期限はありません。

認証用の設定変更が反映されたら、「認証処理を実行する」をクリックし、認証を行います。

これでDNSゾーン登録は完了です。この段階では、まだインターネットから行なわれる名前解決がニフティクラウドDNSには到達しません。

利用中のドメインであれば、既存のDNSゾーンに登録されたレコードと同じものをニフティクラウドDNSに登録してください。

ネームサーバーをニフティクラウドDNSに向けてください。ニフティクラウドDNSのネームサーバーは以下の2台です。

cdns0.nifty.ad.jp
cdns1.nifty.ad.jp
  • ※利用中のドメインの場合は既存のDNSゾーンへの名前解決は行われなくなります。ネームサーバーの変更を行う前に慎重にレコード設定を確認してください。

以上で設定が完了です。この段階でインターネットから当該のドメインに対する名前解決がニフティクラウドDNSに対して、到達するようになります。

推奨画面サイズ 1024×768 以上