本文へジャンプします。

ニフティクラウド ユーザーガイド

クラウド トップ>ユーザーガイド>コンピューティング>ログイン方法など>追加したディスクの設定方法(マウント手順):Linux系OSの場合

追加したディスクの設定方法(マウント手順):Linux系OSの場合

コントロールパネルより追加したディスクを、OSから認識させる設定の一例を説明します。お客様のご利用に応じて詳細設定を行ってください。

  • ※事前にコントロールパネルより、サーバーにディスクを追加する必要があります。

オンラインでディスクを追加する場合は、まずこちらの操作を行います。

# for i in $(find /sys/class/scsi_host -name 'scan') $(find /sys/devices -name 'scan') ;do echo "- - -" > $i ; done
  • ※古いバージョンのOSでは、CPUやメモリを大量に消費したり、ディスクへの書き込みを大量に行っている場合、サーバーが異常な状態に陥る可能性があるため、事前に処理を停止してください。スタンダードイメージから作成したサーバーにつきましては、高負荷時でも正しく動作することを確認しております。

追加したディスクを確認します。コントロールパネルで追加したディスクが認識できていることを確認します。

# fdisk -l

コントロールパネルで追加したディスクが認識できていることを確認します。

fdiskコマンドを使用し、領域を作成します。

# fdisk /dev/sdb

fdiskコマンドを使用し、領域を作成します。

1 コマンド(m でヘルプ) n(新たにパーティション作成をする)
2 コマンドアクション p(基本領域 を選択)
3 領域番号 1
4 最初シリンダ
終点シリンダ
すべてdefault を選択
5 コマンド(m でヘルプ) p (領域テーブルを表示する)
6 デバイス確認 mkfsコマンド時に指定する値です
7 コマンド(m でヘルプ) w (テーブルをディスクに書き込み、終了する)

パーティションの更新情報を認識させます。

# partprobe

パーティションをフォーマットします。

# mkfs -t ext3 /dev/sdb1 (上記6番で出力した値を入力。ここでは/dev/sdb1)

パーティションをフォーマットします。

処理が完了しプロンプトが返ってくるまで、しばらくお待ちください。

マウントするディレクトリを作成します。
ここでは、「/add_disk1」を作成してマウントします。

# mkdir /add_disk1

自動マウント設定を行ないます。再起動した場合も自動的にマウントするよう設定を行ないます。
「/etc/fstab」を編集します。

  • ※fstabに記述したままコントロールパネルからディスクをはずすと、起動時にエラーとなり起動しません。ディスクをはずす前に、必ずfstabの記述を削除してください。
# vi /etc/fstab

自動マウント設定を行ないます。

パーティション情報を追記します。

作成したディレクトリにマウントします。

# mount /dev/sdb1 /add_disk1

マウントしたディスクが認識されているか、確認します。

# df

マウントしたディスクが認識されているか、確認します。

ニフティクラウド サイト内検索

ユーザーガイドメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上