本文へジャンプします。

TOP

ニフティクラウドイベント/ニュース

クラウド トップ>イベント/ニュース>イベント実施レポート

イベント実施レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年4月16日

「第1回 ニフティクラウドフォーラム 〜みんなで作るニフティクラウド〜」の開催レポートをアップしました。

個人の皆さまを対象に、『第1回 ニフティクラウドフォーラム 〜みんなで作るニフティクラウド〜』を開催いたしました。
1.クラウド開発者の考えるビジネスチャンス / 上野 貴也(ニフティ株式会社)
ニフティクラウドを使って開発者のビジネスチャンスをどのように広げていっていただきたいか、今後の開発スケジュールや皆さまからの質問を交えてお話しいたします。
 

講演動画はこちら [USTREAM(niftycloud: nifty_ueno)]


2.ソーシャルアプリが求めるクラウド環境 / 仲山 昌宏氏(株式会社エクストーン)
mixiアプリ、モバゲーオープンプラットフォームなどのソーシャルアプリがこの数年で普及しました。そのアクセス数の急激な増減や、コスト削減への要求に対応するため、サーバー環境としてクラウド系サービスが広く使われるようになりました。その中で、断続的なネットワークの遮断や、データの消失など、サーバー環境として期待するサービス品質との齟齬(そご)も起きています。
主にソーシャルアプリのサーバー環境としてのクラウド環境を中心に、事例紹介を絡めて、各社のサービス比較や運用自動化、クラウド環境を使う上での注意事項など、クラウド環境の利用にあたって議論するべきポイントについて紹介いたします。
 

講演動画はこちら [USTREAM(niftycloud: xtone)]


3.モバツイによるクラウドコンピューティング活用の事例 / 藤川 真一氏(株式会社想創社)
ツイッターの携帯電話対応を2007年にいち早く実現した「モバツイ」は、自宅サーバーから開始して、現在ではクラウドコンピューティングの環境にサーバを構築しています。今まで累計で50万人以上のツイッターユーザーが登録し、毎日10万人以上のユーザーがモバツイを通じてツイッターを楽しんでいます。
ツイッターの急成長にあわせて、一定の存在感を維持し続けた陰には、クラウドコンピューティングが必要不可欠でした。スモールスタートからクラウドへの移行について、そこで起きていたこと、今起きていることを通じて、クラウドコンピューティングのメリットを紹介いたします。
 

講演動画はこちら [USTREAM(niftycloud: fshin2000)]


開催概要
イベント名 第1回 ニフティクラウドフォーラム 〜みんなで作るニフティクラウド〜
開催日時 2010年4月16日(金)
フォーラム:16:00〜18:00(15:30開場/18:30閉場)
懇親会:18:30〜
場所 渋谷マークシティ WESTオフィス棟 22階会議室
アクセス方法
プログラム 1. クラウド開発者の考えるビジネスチャンス
上野 貴也(ニフティ株式会社)
2.ソーシャルアプリが求めるクラウド環境
仲山 昌宏氏(株式会社エクストーン 開発ディビジョン/エンジニア))
3.モバツイによるクラウドコンピューティング活用の事例について〜クラウド活用による最少人数のサービス構築手法〜
藤川 真一氏(株式会社想創社 社長)
twitterハッシュタグ #niftycloud
上記は掲載時点の情報です。最新情報についてはサイト内の各ページにてご確認ださい。