本文へジャンプします。

クラウド FAQ(よくあるご質問)

クラウド トップ>FAQ(よくあるご質問) > サーバー > Red Hat Enterprise Linux のSELinuxのデフォルト設定がバージョンによっ て違います。

Red Hat Enterprise Linux のSELinuxのデフォルト設定がバージョンによっ て違います。

以下のOSはSELinuxのデフォルト設定がdisabledになっています。
・2014年5月20日までに作成されたRed Hat Enterprise Linux 5.3 32bit(現在は提供しておりません)
・2014年5月20日までに作成されたRed Hat Enterprise Linux 5.3 64bit(現在は提供しておりません)
・2012年9月19日〜2013年2月20日までに作成されたRed Hat Enterprise Linux 5.8 64bit (現在は提供しておりません)
・2012年9月19日〜2013年2月20日までに作成されたRed Hat Enterprise Linux 6.3 64bit (現在は提供しておりません)


以下のOSは、SELinuxのデフォルト設定がPermissiveになっています。
・2013年2月20日以降に作成されたRed Hat Enterprise Linux 5.8 64bit (現在は提供しておりません)
・2013年2月20日以降に作成されたRed Hat Enterprise Linux 6.3 64bit (現在は提供しておりません)
・Red Hat Enterprise Linux 5.11(64bit)
・Red Hat Enterprise Linux 6.6(64bit)
・Red Hat Enterprise Linux 7.1(64bit)

SELinuxの設定は以下のコマンドから確認してください。
# getenforce

ニフティクラウド FAQ内検索

FAQメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上