本文へジャンプします。

TOP

ニフティクラウド事例紹介

クラウド トップ>事例紹介 > 導入事例一覧 > 社員教育事例「SEINO QUEST 〜伝説を運ぶ者たち〜」

ニフティクラウド 社員教育事例「SEINO QUEST 〜伝説を運ぶ者たち〜」

楽しく学べる社員教育用ゲームの基盤として 柔軟で拡張性の高いニフティクラウドを採用

運送業は顧客の荷物を確実に届けるというシンプルな業務であるため、業務のフロントに立つセールスドライバーの質が、サービスの質、ひいては会社の業績に直結する。そのため、セイノーホールディングスでは社員研修に力を入れているが、堅い従来型の研修では、自発的に継続して学ぶ意欲を引き出すことが難しかった。

そこで、ゲーミフィケーションを取り入れ、楽しく学べる社員教育用のクイズRPGゲーム「SEINO QUEST 〜伝説を運ぶ者たち〜」を作成。サービス開始から1カ月足らずで社内の利用者が1,000人を超えるなど好評を得ている。基盤に柔軟で拡張性の高いニフティクラウドを採用することで、ユーザーの急増にも対応できる環境を実現した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

セイノーホールディングス株式会社人事部 人材開発担当課長(部長待遇)物流技術管理士 岡本征也氏

岡本征也

セイノーホールディングス株式会社
人事部 人材開発担当課長(部長待遇)物流技術管理士

株式会社ロボットインタラクティブ・コンテンツ部 プロデューサー 稲川亮輔氏

稲川亮輔

株式会社ロボット
インタラクティブ・コンテンツ部 プロデューサー

――学びの意欲を引き出す 社員教育用ゲームを開発

セイノーホールディングスは、運送業を営む西濃運輸グループを中核に、自動車販売や情報サービス、販売商社、旅行業など多彩なビジネスを展開するセイノーグループの持株会社である。同社では定期採用で入社した総合事務職には、入社1年目に最前線である現場でセールスドライバー業務を経験させる。さらに、入社3〜9年目の間、毎年必ず研修を実施する。その他にも職種別、階層別研修を行い、社員教育に力を入れている。しかし、社員が自ら継続して学び続ける意欲を引き出すためにはどうしたらよいかとも感じていた。セイノーホールディングス株式会社 人事部 人材開発担当課長 岡本征也氏は、「社員の自発的な学びのためWebを使った通信教育を制作し社長に見せたところ、『いかにも真面目な人が作ったものだね。これではつまらない』と言われてしまいました。その後社長からアドバイスもいただきながら良い方法はないかと模索していました」と語る。

岡本氏が模索を続けていた2015年9月、若手社員から楽しく学べるゲームを作ってはどうかという提案があった。同社には全社員から会社に対する要望・提案を人事部へ送る提案制度があり、毎月20件程度寄せられている。岡本氏は、当時まったくゲームをやったことがなかったため、ゲームが好きな若手社員などに意見を聞き、このアプローチなら面白く学べるのではないかと考えた。その反面、本当にゲームが作れるのだろうかと思案に暮れていたところ、同社 代表取締役社長 田口義隆氏が、自身が社外取締役を務めるIT企業、クララオンラインを含む開発会社数社に相談を持ち掛けてはどうかと助け船を出してくれたという。その当時の状況を株式会社クララオンライン グローバルソリューション事業部 ソリューションビジネスグループ 田口大輔氏は次のように語る。「田口氏(セイノーグループ)の求める要求を満たすには、ある一定以上の提案力・企画力が必要だと感じ、当社のパートナー企業である映像やアプリ制作プロダクションのロボット、インタラクティブ・コンテンツ部 プロデューサー 稲川亮輔氏に相談しました」。このクララオンラインの提案力、ロボットの高いスキル力が功を奏し、具体的な企画に取り掛かることとなった。「当初は研修用と聞いていたので、いわゆるゲーミフィケーションを活用したクイズで、演出を豪華にしていくレベルと考えていたのですが、『もっとゲーム感を強くしてほしい』とご要望を受けました。そこで、振り切って業務に関するクイズの出題を取り入れたRPGゲームの企画を提案し、採用されました。ゲームにするからには見た目だけでなく、実際プレイして楽しいものにしていかないといけません。研修コンテンツの開発には見られない砕けたアイディアも採用され、今のセイノークエストになりました」(稲川氏)。

――拡張性と豊富な実績 月額課金制で利用しやすい点を評価

企画はスムーズに進み、2016年2月には開発をスタート。その開発とサービスの基盤として選ばれたのが、ニフティクラウドである。今回、アプリゲームの制作はロボットが担当し、その他プロジェクトの運用管理全体についてはクララオンラインが担当した。また、セイノーグループとしてゲームアプリの配信は初めての試みであるうえ、今回のアプリケーションは従業員個人のスマートフォンにインストールする形で運用するため、開始時のユーザー数が未知数だった。とはいえ、セイノーグループの社員数は3万人にものぼるため、最終的にはかなりのユーザー数になる可能性もある。そのため、開発会社が外部からアクセスしやすい環境であることと、柔軟な対応が可能な拡張性が選定条件であった。「サービス基盤はクララオンラインにお任せしました。当社としては、小さく始めて大きく育てることができる環境を要望しました」(岡本氏)。

今回のプロジェクトにニフティクラウドを提案した理由を田口氏は、「ニフティクラウドは、大手企業や自治体はもちろん、ゲーム分野での実績もあり安心感がありました。また、月額課金と従量課金が柔軟に使い分けられるので、予算で動く日本の会社が使いやすく、お客様にお勧めしやすいのも決め手でした」と語っている。

――ゲームを楽しみながら 自然に仕事の知識が身につく

今回の社員教育用ゲーム「SEINO QUEST 〜伝説を運ぶ者たち〜」は、2016年9月16日から利用を開始。1カ月弱で既にユーザーは1,000人を超えている。同ゲームは、世界に厄災をもたらす呪われた宝箱「パンドラ」から出現した悪魔に憑りつかれた国を救うため、冒険の旅に出る男の物語だ。「仕事に関するクイズに正解するとバトルが有利になり、バトルに勝てば成長して次の強敵に挑めるという、ゲームの一連の流れで、プレイヤーが正しい知識を身につけようとするモチベーションが無意識に高まるような設計をしました」(稲川氏)。

ゲームの反響について岡本氏は、「社員の反応も良く、いいものができたと思っています。新人だけでなく中堅、上層部も利用していることが分かり、自発的に学ぶという課題もクリアできたと感じています。ネットニュースになったこともあって、社外からの反応も多くいただきました」と語る。

一方で、様々な要望の声も上がっており、今後必要性を見極めながらよりよいものへと調整していく予定だ。またダウンロード方法が通常のアプリとは異なるため、ユーザーからの問い合わせが少なくない。問い合わせ内容をまとめ、マニュアルも整備していくなど、サービスの質を上げる努力を続けている。

当初から何らかの形で人事評価とリンクしたいという考えもあり、そのための環境整備も行っていく予定だ。「今はスマートフォンユーザーしか利用できないので、PC版の開発も検討しています。また、そもそもゲームに興味がない人にはどうアプローチをすべきかなど、不公平にならないようあらゆる社員が学べる環境を整えていきます。セイノークエストはクララオンライン、ロボットの2社なくしては実現することはできませんでした。今後も本アプリの発展に是非ご協力いただきたい」(岡本氏)。さらに、ゲームはクイズのコンテンツを変えることでいろいろな教育に応用できるため、用途を拡大していきたいとも考えている。

新たに社員が楽しく学べるツールを創り上げたことで、さらなる従業員の質の向上が期待できるセイノーホールディングス。今後もより一層優れた顧客サービスの発展をニフティクラウドが支えていく。

SEINO QUEST 〜伝説を運ぶ者たち〜

SEINO QUEST 〜伝説を運ぶ者たち〜 [社員教育]

世界に厄災をもたらす呪われた宝箱「パンドラ」から出現した悪魔にとりつかれた国を救うため、冒険の旅に出る男の物語。仕事に関するクイズに正解するとバトルモードへ移行し、その戦いに勝利することで経験値が上がり、手に入れたコインでアイテムをグレードアップさせていくもの。最終レベルになると、主人公は制服を身にまとい、伝説のハンドルを楯に戦う。

企業情報

セイノーホールディングス株式会社
セイノーホールディングス株式会社

商業物流サービスに強みを持つ西濃運輸をはじめとしたセイノーグループの持ち株会社。「物流を通じて、お客様に喜んでいただける最高のサービスを常に提供し、国家社会に貢献する。」を使命とし、独自のアイディアを活かしたサービスを生み出している。また、物流に限らず、自動車部品の販売や旅行など、多角的なサービス提供を行う。

株式会社ロボット

テレビCM、劇場映画、モバイルコンテンツ、WEBサイト、キャラクター開発、アニメーション制作、グラフィックデザインなど、様々な分野に向けた作品づくりに取り組んでいる。ゲームに関しても、フィーチャーフォンやFlashゲーム全盛時代からアプリ企画/開発部隊を持ち、現在はスマートフォンアプリを主軸に述べ100本以上を企画・開発し、数多くの実績がある。

株式会社クララオンライン

東京・名古屋・ 北京・シンガポール・台北・ソウル・香港を拠点とし、クラウドサービス、クラウド運用、インターネット・モバイル領域のコンサルティングサービスを提供している。高い技術力に加え、各国のインターネット事情などにも精通しており、日本からアジア、海外から日本への双方向で、顧客の事業展開を支援している。

  • ※注製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
  • ※注本インタビューは2016年10月13日に行いました。2016年10月13日現在の情報です。

その他の業務利用事例