本文へジャンプします。

TOP

ニフティクラウド事例紹介

クラウド トップ>事例紹介 > 導入事例一覧 > IoT駐車場ソリューション事例「eCoPA(エコパ)」

ニフティクラウド IoT駐車場ソリューション事例「eCoPA(エコパ)」

IoT駐車場ソリューション「eCoPA(エコパ)」 の安定稼動はニフティクラウドで

エスキュービズム・ソリューションでは、オムニチャネル/O2O/ECソリューション事業に加え、IoTによる顧客の課題解決を図る「Usable IoT」をコンセプトに、ハードウエアと連携したソリューション展開を進めている。「eCoPA」は、低コストで始められるコイン駐車場。空き状況をIoTで把握して駐車場に起因する店舗の機会損失を回避する。通信回数が多く、規模拡大に伴いデータ量が増加する傾向があるため、同社で長年活用実績のあるニフティクラウドを運用基盤として採用。高い稼働率で、安定運用を実現しているほか、迅速かつ正確な顧客対応で高い顧客満足度を獲得している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社エスキュービズム代表取締役社長 武下 真典氏

武下 真典

株式会社エスキュービズム
代表取締役社長

株式会社エスキュービズムSaaS/IoT事業部 事業部長 山本 大介氏

山本 大介

株式会社エスキュービズム
SaaS/IoT事業部 事業部長

――「Usable IoT」という視点で顧客の課題を解決する

株式会社エスキュービズムは、ECとリアル店舗の融合をサポートするオムニチャネル/O2Oのソリューションを得意とし、メーカー、流通、商社、システムベンダーというさまざまな機能を持つソリューションベンダーである。近年はIoTインテグレーション事業にも力を入れており、「世界中を(IoTで)使いやすくしたい」、「Usable IoT」というコンセプトのもと、企業の経営・事業課題の解決をサポートしている。株式会社エスキュービズム 取締役 武下真典氏はIoT分野でソリューション開発を行うようになった背景について次のように語る。「例えば、車で家族とともに映画館に出かけた時に、映画館の座席はネットで押さえられますが、駐車場が空いていないと非常に苦労します。ちょっとお金をかけてでも駐車場も同時に予約できたらいいと思いますよね?そこでIoTを使って駐車場の空き状況による機会損失を無くせば、店舗の売り上げ向上につながると考えました」。

そのような発想から生まれたIoTソリューション「eCoPA(エコパ)」は、センサーカメラを活用した駐車場向けのサービスである。コインパーキングなどにセンサーやカメラを内蔵したポールを設置するだけで、空車や満車状況をネットで把握することが可能となる。ここで重要なのは、専用アプリを使うことで駐車場の予約・決済までを行えるようにしたということだ。これにより、利用者はアプリを使って、目的地付近の空いている駐車場を探して予約から精算までを手軽に行うことができる。「アプリはカスタマイズ可能ですので、店舗側が駐車場の空き状況を公開して、ピークタイムの混雑を減らしたり、逆にアイドルタイムに時間限定クーポンを発行して集客効率の最大化を図るような使い方が考えられます」(武下氏)。

一方、「eCoPA」を導入するコインパーキング事業者は、フラップ板や精算機といった従来のコインパーキングで必須だったハードウエアの設置が不要になり、現場に赴いて現金を回収する必要もなくなる。そのため、これらにかかっていた費用を抑制することが可能。もちろん「eCoPA」のポールは必要となるが、設置・撤去も容易なので、一時的に月極め駐車場をコインパーキングとして利用するようなこともできる。また、色や形状もカスタマイズ可能だ。

――ニフティクラウド採用のポイントは、高い安定性ときめ細やかなサポート

同社は、「eCoPA」のサービス基盤として、ニフティクラウドを選択した。その理由を武下氏は「当社では、『EC-Orange』などのECソリューションの運用基盤としてずっとニフティクラウドを利用してまいりました。他社のクラウドと比べて、SLA99.99%を保証しているように非常に安定性が高いのはもちろん、圧倒的にすぐれたパフォーマンスを持っていることが、当社がサービスの基盤としてニフティクラウドを採用している理由の一つです」と評価している。
また、「eCoPA」は、導入時はもちろん、運用段階でもサポートが欠かせず、顧客からさまざまな質問が寄せられる。アプリケーションレイヤーについての質問は、同社のスタッフでも対応できるが、インフラレイヤーについての技術的な質問はサーバー提供会社からの回答が必要な場合がある。そのような時でも、ニフティクラウドなら安心と、株式会社エスキュービズム sales & consulting本部 integrationSales部 山本大介氏は次のように語る。「日本語で24時間365日対応してくれる窓口が用意されていますので絶大な安心感がありますし、迅速に対応できます。結果的に顧客満足度の向上に繋がっています」。

最後に、今後の展望について武下氏は、「IoT市場の動向として、『ウェアラブル』が実用フェーズに入ってきましたので、それをほかのソリューションと組み合わせて活用の幅を広げていきたいと考えています。『Usable IoT』をさらに拡大していく上で、ニフティクラウドは欠かせない存在となるでしょう」と期待を語った。

eCoPA(エコパ)

eCoPA(エコパ) [IoT駐車場ソリューション]

「eCoPA」は、車番認識カメラやセンサーを内蔵したポール(柱)を駐車場に設置し、スマホを通じて駐車場の空き状況確認、予約から決済までを手軽にローコストに実現する法人向けIoTソリューション。

企業情報

株式会社エスキュービズム
株式会社エスキュービズム

「小売のミライをカタチにする」というミッションを掲げ、オムにチャネルO2O/EC構築パッケージ「EC-Orange」「EC-Orange POS」などを展開、近年ではIoT分野にも進出し、「スマートホテルキー」「eCoPA」といったソリューションでさらに多くの顧客課題の解決を図っている。

  • ※注製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
  • ※注本インタビューは2015年11月26日に行いました。2015年11月26日現在の情報です。

その他のIoT事例