本文へジャンプします。

TOP

ニフティクラウド事例紹介

クラウド トップ>事例紹介 > 導入事例一覧 > ゲーム基盤事例「ゴールドリベリオンR」

ニフティクラウド ゲーム基盤事例「ゴールドリベリオンR」

急激なアクセスの増加にも柔軟に対応。
豊富な知見とノウハウを持つディーネットの協力により、安定したゲーム基盤を実現。

プレイハートが送る本格ストーリー型RPGアプリ「ゴールドリベリオン」のリリースにあたり、かねてから同社のサーバー構築や運用・監視を担当していたディーネットは、安定稼働に必須の要件を備えた運用基盤としてニフティクラウドを提案。

同サービスの採用、加えてディーネットの豊富なノウハウを活用したパフォーマンスチューニングに より、ユーザー数の増減への柔軟な対応や、初期投資および運用コストの低減などを実現した。

また、初期構築から運用・監視までの作業をディーネットへ一任することで、プレイハートはゲーム開発に注力できるようになった。サービス導入から半年がたつが、大きなトラブルもなく安定して稼働中。今後は、より多くのユーザーに楽しくプレイしてもらえるよう、ゲームの機能やイベントの充実を目指している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社プレイハート 代表取締役社長 福里 済氏

福里 済

株式会社プレイハート 代表取締役社長

株式会社ディーネット 大島 準氏

大島 準

株式会社ディーネット

――本格ストーリー型RPGアプリの基盤としてクラウドを採用

ニフティ:いつごろからゲーム基盤にクラウドサービスを利用することを考えていたのでしょうか。

福里氏:我が社のタイトルで2作目となる3Dソーシャルトレジャーハントゲーム「亡国のラストレギオン」をリリース(2012年6月)する直前あたりですね。というのも、オンラインゲームは状況によってユーザー数が大きく増減するという特徴があります。例えば、広告を打ったり、SNSで話題になったりすると、急激にユーザー数は増加します。逆に、時間の経過とともにゲームの人気が下火になってくると、ユーザー数は減少します。これらを考えると、柔軟な基盤構築が可能なクラウドを使うのが理想だよね、と当時から運用面でサポートいただいているディーネット様と話していました。このときはまだディーネット様がクラウドサービスに対応していなかったので断念したのですが、その後、他社でもゲーム基盤にクラウドを活用するケースが増えてきたことから、次のタイトルを出すときはクラウドでやろうと心に決めていました。

ニフティ:ニフティクラウドを選んだ理由についてお聞かせください。

福里氏:2013年10月、新タイトル「ゴールドリベリオン」の企画がスタートしたとき、私たちが挙げた要件は、(1)必要な際にリソースを随時増やせること、(2)負荷の状況が確認できること、(3)日割り単位でリソースの増減ができること、の3点でした。ニフティクラウドはこれらの要件をすべてクリアしており、さらにディーネット様の運用サービスも対応していたため、導入することを決めました。

大島氏:我が社が提供するソリューションにニフティクラウドを採用した理由は、国内のデータセンターを使っていることによるサービスの品質や信頼性の高さなどを評価したからです。今回のお話をいただいた際には、知見やノウハウについて、すでにある程度の蓄積がありました。そこで、自信をもってニフティクラウドをお勧めしたのです。

――ディーネットのパフォーマンスチューニングにより、リソースの最適化とコスト削減を実現

ニフティ:ゲーム基盤にクラウドサービスを利用するメリットは何でしょう?

福里氏:まず、料金は使った分だけ支払う形なので、例えユーザー数が右肩下がりになったとしても、一定の利益率を確保できることが挙げられます。また、イベントやキャンペーンなどでユーザー数が増加し、アクセスが急増したときでも、即座にリソースが追加できるのは嬉しいですね。さらに、スモールスタートが可能で、初期投資および運用のコストを低減できるというのも大きなメリットです。こうしたパフォーマンスチューニングの面では、ディーネット様に多大なご協力をいただいています。また同社には初期構築から運用・監視までを一任していますので、企画・開発といった業務に注力できるのもありがたいですね。

ニフティ:ゲームのリリースから半年がたちました。これまで何かトラブルなどは起こらなかったのでしょうか?

福里氏:特に大きな事故もなく、安心して使わせていただいておりますが、ひとつ小さなトラブルがありました。「ゴールドリベリオン」は非常に美麗なグラフィックが特徴ですが、それは300個の画像ファイルを外部からダウンロードすることで実現しています。しかしこれが裏目に出て、リリース直後に多くのユーザーが同時にアクセスした際、ネットワークに大きな負荷がかかりゲームが動かなくなるという事態が発生しました。

大島氏:そこでLBの帯域を拡張し、なんとか当座を凌ぎました。現在は画像ファイルをAmazon S3に置いて、そこからダウンロードするようにしています。

ニフティ:今後、サービスに追加してほしい機能はありますか?

福里氏:アクセスの増減に合わせてリソースが自動で追加・削除される、ロードバランサーのオートスケール機能ですね。現在は広告をうつタイミングに合わせてディーネット様に連絡し、帯域の調整をしてもらっているのですが、これが結構な手間なんです。この作業をオートスケール機能を使って簡略化したい。また、運用コストのさらなる低減も期待できそうな点も魅力です。

大島氏:予測できないアクセスの増減については、オートスケール機能も効果的だと思います。ただし、この機能は万能ではありません。なぜなら、オートスケール機能の場合、ピークが来た約10分後にリソースが追加されるため、本当に必要な時間帯にリソースが間に合わないという可能性があるのです。広告掲載時のようにアクセスの増加があらかじめ予測できる場合は、現在の方法をお勧めします。

ニフティ:今後の取り組みについてお聞かせください。

福里氏:「ゴールドリベリオン」は2014年10月にリニューアル。イラストやバトルシーンなどを強化し「ゴールドリベリオンR」に生まれ変わりました。まずはこのゲームを大ヒットへと導きたいですね。そのメドが付いたところで、新たなタイトルの企画・開発に着手したいと思っています。

大島氏:さまざまなニーズに対応するため、ニフティクラウドで提供している各種サービスへの知見を増やしていければと思います。また、SDKダウンロード(Unity)など、PaaS への対応を強化していきたいです。

 

ニフティ:本日はありがとうございました。

ゴールドリベリオンR

ゴールドリベリオンR [ゲーム基盤]

個性豊かなキャラクター、深みのあるストーリーとサクサクバトルが織りなす新感覚RPG。 ヒロインふたりのキャラクターボイスは人気声優が務める。※2015年5月18日サービス終了。

企業情報

株式会社プレイハート
株式会社プレイハート

2010 年6月設立。主な業務はスマートフォン向けオンラインゲームの企画・開発・運用など。 高い技術力、特にグラフィックの美しさには定評がある。ゲームはすべてフジテレビジョンとの共同リリース。

株式会社ディーネット

IDCの運用監視サービスをはじめ、プラスαのコンサルティングやマネージド、クラウドサービスといった付加価値の高いサービスも充実。また、24時間365日の運用・監視を強みとし、当社独自のワンストップソリューションを構築しながら、お客様のネットワーク部門の業務を包括的にサポートしております。

  • ※注製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
  • ※注本インタビューは2014年11月28日に行いました。2014年11月28日現在の情報です。

その他のWebサービス事例