本文へジャンプします。

TOP

ニフティクラウド事例紹介

クラウド トップ>事例紹介 > 導入事例一覧 > スマートフォンアプリ事例「OCOLO」

ニフティクラウド スマートフォンアプリ事例「OCOLO」

初のスマートフォンアプリ「OCOLO」開発にあたって、社内に経験・ノウハウが無い状況で低コストかつスピーディにサービス提供を開始しなければならないという課題があった。そこで、拡張性の高いIaaSであるニフティクラウドを基盤として、アプリ開発者がクライアントサイドの開発に専念できる環境を作った上で、mBaaS(mobile向けPaaS)のニフティクラウド mobile backendを導入してプッシュ通知機能などを短期間で実装するという手法を選択した。途中、大幅な仕様変更を行うなど紆余曲折はあったが、最終的にスケジュール通りアプリをリリースすることに成功。また、リリース後しばらくして大幅なリニューアルも行ったが、当初のリリースと同様短期間で公開することができた。ニフティクラウドとニフティクラウド mobile backendの組み合わせで、将来的な拡張性を担保しつつ開発期間の短縮やコストダウンを図ることができた。
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ロックオン PJ リーダー 村上 裕美氏

村上 裕美

株式会社ロックオン PJ リーダー

株式会社ロックオン 技術担当者 冨田 修平氏

冨田 修平

株式会社ロックオン 技術担当者

――初のアプリ開発の基盤としてニフティクラウド mobile backendを導入

「スキマ時間をもっと楽しく!まち歩きナビOCOLO」は、ふとしたスキマ時間に、現在地周辺の、リアルタイムのSNS投稿を閲覧し、楽しめるアプリです。例えば、おでかけ先で、行こうと思ったお店がまだオープンしていなかった時。友達との待ち合わせで、早く到着しすぎた時。そんな日常の空き時間に「OCOLO」を立ち上げれば、思いがけない偶然の発見があるかもしれません。

ニフティ:アプリ「OCOLO」を開発したきっかけについて教えてください。

村上氏:「OCOLO」の開発プロジェクトは、Location(場所)とCO-(共感)をキーワードに、オフラインにしかないもの、オンラインにしかないものを融合できないか?という発想でスタートしました。2014年4月に位置情報×声のアプリとしてリリースし、2014年8月には、位置情報のみに特化し、周囲のリアルタイムの情報を楽しむアプリとしてリニューアルしています。

ニフティ:「OCOLO」のサービス基盤としてニフティクラウドおよびニフティクラウド mobile backendを選択した理由は?

冨田氏:当社初のアプリ開発プロジェクトということで社内に経験・ノウハウが無い中で、低コストかつスピーディにサービスをリリースする必要がありました。そこで、サーバー側の開発が不要で、アプリ開発がクライアント側の開発に専念できるクラウドで進めたいと当初から考えていました。

村上氏:プロジェクトがスタートした頃に、ちょうどニフティさんからリリースされたばかりのニフティクラウド mobile backendのお話をうかがいまして、色々とご相談させていただきました。他のサービスと比較検討の結果、新機能が次々にリリースされているスピード感やコストパフォーマンスの面で優れていること、すでにいくつもの利用事例があることを評価してニフティクラウドとニフティクラウド mobile backendの組み合わせを選択させていただきました。

ニフティ:ニフティクラウドとニフティクラウド mobile backendはどのようにご利用いただいていますか?

冨田氏:ニフティクラウドは、将来的な閲覧者の増加に対応出来るようにスケールアウトを行いやすい構成にしています。ニフティクラウド mobile backendについては、色々な機能を試してみた結果、最終的にプッシュ通知を利用しています。当初はSNS認証も利用していましたが、プロトタイプの段階でモニターテストを実施したところ、当サービスのターゲット層である30代男女でも、SNSの認証に抵抗を感じることが判ってきたため、途中で仕様変更を行いSNS認証の実装を止めてしまいました。ニフティクラウド mobile backendの機能は、実装するのも外すのも簡単に行えるので便利です。

――200万回/月のプッシュ通知をスピーディかつ無償で実装

ニフティ:最後に、ニフティクラウドとニフティクラウド mobile backendを基盤とすることでどのようなメリットがございましたか?

村上氏:「OCOLO」は2013年秋にプロジェクトがスタートし、企画や情報収集を重ね、2014年1月から本格的な開発に入りました。初のスマートフォンアプリということもあり、開発中もモニターテストを行い、リリース間際まで何度も仕様変更を繰り返しました。しかし、ニフティクラウドとニフティクラウド mobile backendを利用したことで、柔軟な対応が可能となり、予定していたスケジュールで無事サービスをリリースすることができました。その後のリニューアルについても、最短でスピーディに公開ができたのは、大きな収穫でした。

冨田氏:特に、ニフティクラウド mobile backendは、無料のBasicプランでもプッシュ通知が200万回/月利用できますし、サーバー構築もプログラムの作成も不要です。拡張性の高いIaaSのニフティクラウドと、mBaaS(mobile向けPaaS)のニフティクラウド mobile backendを組み合わせることで、将来的な拡張性を担保しつつ開発期間の短縮やコストダウンを図ることはアプリ開発には有効な手法だと思います。

ニフティ:本日はありがとうございました。

OCOLO

OCOLO [スマートフォンアプリ]

スキマ時間をもっと楽しく! まち歩きナビ「OCOLO(オコロ)」。
おでかけ先で、移動中に。
「OCOLO」は近くの話題をリアルタイムでチェックできるiPhone向けアプリです。
※2014年10月31日 サービス終了

企業情報

株式会社ロックオン
株式会社ロックオン

大阪に本社を持つITベンチャーとして国内No.1 シェアを持つ オープンソースのEC 構築ソリューション「EC-CUBE」や広告 効果測定システム「アドエビス」、国産リスティング広告運用プ ラットフォーム「THREe」などのサービスを展開している。

  • ※注製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
  • ※注本インタビューは2014年8月13日に行いました。2014年8月13日現在の情報です。

その他のWebサービス事例