本文へジャンプします。

TOP

ニフティクラウド事例紹介

クラウド トップ>事例紹介 > 導入事例一覧 > 業務システム事例「INSUITE/ひびきSm@rtDB」

ニフティクラウド 業務システム事例「INSUITE/ひびきSm@rtDB」

クラウド化で、「グローバル化」「働き方変革」を加速
このエントリーをはてなブックマークに追加

コクヨ株式会社 情報システム部 ワークスタイルソリューショングループリーダー 土山 宏邦氏

土山 宏邦

コクヨ株式会社 情報システム部 ワークスタイルソリューショングループリーダー

※「土」は土に点(

コクヨ株式会社 情報システム部 ワークスタイルソリューショングループ 土江 快知氏

土江 快知

コクヨ株式会社 情報システム部 ワークスタイルソリューショングループ

――「グローバル化」「働き方変革」を実践する共通業務基盤としてパブリッククラウドを選択

ニフティ:パブリッククラウド上に業務システムを構築された経緯についてお聞かせください。

山氏:「既存インフラの老朽化」「グローバル戦略の拡大」「働き方変革の強化」という、3つの課題を解決するために、パブリッククラウドの導入を決断しました。

コクヨグループでは、コミュニケーション基盤として株式会社ドリーム・アーツ様が提供する「INSUITE」および「Sm@rtDB」で7年間にわたって運用してまいりました。これらは、オンプレミスのサーバー上に構築したシステムでしたが、老朽化が進んでいた上にメールや基盤となるネットワークの対応含め、システム運用とインフラの管理に大きな工数がかかるという課題を抱えていました。
また、グループ全体の動きとして2020年には売上の3割を海外実績にするという「グローバル戦略の拡大」の大きな目標があり、国内・海外ともにシームレスに利用できるIT環境を構築することはもちろん、10年先の将来を見据えて業務システムの共通基盤を変革のスピードに対応できるものにする必要がありました。

もう一つの「働き方変革」ですが、タブレット端末の活用による「時間」や「場所」の制約を受けない「未来の働き方」を推進するために、外部からアクセスしやすく柔軟性の高い環境も必要でした。そこで、サーバーを含むインフラの管理工数を削減し、「グローバル化」「働き方の変革」というコア業務へ集中するリソースを確保するため、パブリッククラウドの活用も視野に検討を行いました。
インフラの管理を外部の企業に任せることへの不安は当然ありましたが、最終的には信頼できる企業に任せることによるメリットの方が大きいと判断し、ドリーム・アーツ様にお願いすることにしました。実際の移行ではオンプレミスで構築していた「INSUITE」および「Sm@rtDB」の、カスタマイズも含めた構成をそのままパブリッククラウドに移行してもらいました。

ニフティ:コミュニケーション基盤をパブリッククラウドに移行するにあたって、経営陣をどのように説得しましたか?

山氏:どの企業においても、セキュリティ面での不安と信頼性・安定性についての不安はあると思います。当社では、想定できるあらゆるリスクへの対処が可能であることを事前に確認した上で、優れたセキュリティ対策の機能の提供と、安定稼働に関するSLA(品質保証制度)の提供などを含め、自社でサーバーを管理・運用するよりもトータルでシステム運用コストを下げられることを、「定性的・定量的」に導入効果として経営陣に示しました。

――オンプレミスからクラウドへの移行は空気のように自然に完了した

ニフティ:オンプレミスからニフティクラウドへの移行で苦労された点はございますか?

土江氏:オンプレミスからニフティクラウドへの移行については、綿密な準備を経て実施しましたので、極めてスムーズに進みました。空気のように自然に移行できたため、逆に変化を実感できなかったほどですが、変化を体感したのはサーバーのレスポンスタイムが従来の半分になった点でしょうか。

ドリームアーツ様:移行については、多数の導入事例やノウハウがあったニフティに相談できましたので非常に安心感がありました。
実際の作業については、ニフティクラウドならば本番サーバーの移行前にさまざまなシミュレーションが可能ですので、事前にしっかり準備が出来たことがスムーズな移行が成功した理由だと思います。

ニフティ:ニフティクラウドをご利用いただいて感じたメリットなどがあればお聞かせください。

山氏:何といっても、最大のメリットはサーバーの管理者がトラブルのたびに対応に追われるようなことが無くなったことです。それによって「働き方の変革」を社内に提案していくという、本来の業務に専念できる人員が増加しました。これからは、その人員を新しい業務基盤の活用へと振り向けていく予定です。
オンプレミスとは異なるパブリッククラウドならではの活用法を模索して、より洗練したものにブラッシュアップしていきたいと思っています。

ニフティ:本日はありがとうございました。

INSUITE/ひびきSm@rtDB [業務システム]

インスイート

INSUITE

大規模企業で選ばれた信頼性、拡張性、先進性。抜群の使いやすさで「現場力」を強化するEIP型グループウエア:インスイートv3.2では組織世代管理機能強化で組織改編も柔軟に!
お客様の感性に直接訴えかけ"お客様にとって最もCoolでAdorableであること"を目指して進化し続けています。

ひびきスマートDB

ひびきSm@rtDB

ひびきSm@rtDBは「全社の業務」から「現場ごとのローカルな業務」まで幅広いシステム化ニーズに対応するアプリケーション基盤です。
簡易化された開発フレームワークにより、ビジネスユーザー自身で業務に適したシステムを短期間かつ低コストに作ることが可能です。
また運用しながら、業務のPDCAに沿ってシステムを進化させていくことを最大の特長とし、ビジネスの成長やプロセスの変化に歩調を合わせて進化する業務基盤を実現できます。

企業情報

コクヨ株式会社
コクヨ株式会社

コクヨ株式会社は、文具、事務用品を製造・販売するステーショナリー関連事業、オフィス家具、公共家具の製造・販売、オフィス空間構築などを行うファニチャー関連事業、オフィス用品の通販とインテリア・生活雑貨の販売を行う通販・小売関連事業などの各コクヨグループ企業の活動を通じて、仕事や生活のさまざまなシーンの知的活動を推進し、「社会の役に立つ」商品の提供を目指しています。

株式会社ドリーム・アーツ

さまざまな業界の大企業、官公庁などで幅広く活用されている、企業情報ポータル型グループウエア「INSUITE Enterprise」、WEBデータベース「ひびきSm@rtDB」などの製品の企画・開発・販売をはじめ、企業情報ポータル、グループウエアといったカテゴリを超えた情報系システム全般を包括するソリューションを提供している。

  • ※注製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
  • ※注本インタビューは2012年11月20日に行いました。2012年11月20日現在の情報です。

その他の業務利用事例