本文へジャンプします。

TOP

ニフティクラウド事例紹介

クラウド トップ>事例紹介 > 導入事例一覧 > EC-Orange POS事例「FabCafe」

ニフティクラウド EC-Orange POS事例「FabCafe」

「クリエイティブを流通させる」をミッションに掲げ、さまざまなクリエイティブワークを提供しているロフトワーク。
同社が新たに提案するのが、クリエイターのアイデアをすぐに形にできる工房を備えた店舗の「FabCafe」。

リアル店舗とECの決済を一元管理できるシステムとしてニフティクラウドパートナーのエスキュービズムが提供するEC-Orange POSを採用。その選定の理由や、今後の展望についてお聞きしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ロフトワーク 代表取締役社長 諏訪 光洋氏

諏訪 光洋

株式会社ロフトワーク 代表取締役社長

株式会社ロフトワーク システムDiv 関井 遼平氏

関井 遼平

株式会社ロフトワーク システムDiv

株式会社エスキュービズム ソリューション事業部 福田 辰徳氏

福田 辰徳

株式会社エスキュービズム ソリューション事業部

株式会社エスキュービズム ソリューション事業部 大町 智美氏

大町 智美

株式会社エスキュービズム ソリューション事業部

――飲食と物販、そしてECを同時に管理する

ニフティ:「FabCafe」にクラウドを導入したきっかけについてお聞かせください。

諏訪氏:「FabCafe」は、食事をしながらiPhoneケースなどオリジナルのアイテムを購入したり、コーヒーを飲みながらレーザーカッターを活用したものづくり体験ができる場所です。

今後は「FabCafe」で作った少量のグッズをサイトから購入できるようにしたいのと、渋谷店だけでなく、今後世界中に「FabCafe」を増やしたいと思っていますので、インフラは柔軟に拡大できるほうがいいということで、クラウドの利用を検討していました。

関井氏:リアル店舗では飲食と物販、そしてECという異なる種類の決済、会計を一元管理したいという要件もありましたので、エスキュービズムさんのEC-Orange POSを利用することに決めました。

ニフティ:EC-Orange POS はiPadをPOSレジ端末として使いますが、どのような利用シーンを想定されていたのでしょうか?

諏訪氏:「FabCafe」は飲食スペースと工房スペースが、少し離れているので、お客様の利便性を考え、レジを移動する方式を選択しました。

海外の店舗では、お会計でお客様がレジに並ぶのでなはく、スタッフが動くのが当たり前になっています。
また、期間限定でイベントに「FabCafe」を出店するような場合も、POSレジさえあればどこにでもお店を作ることができます。

そこでiPadを使ったPOSレジを検討していまして、最も進んでいたのが、エスキュービズムさんのEC-Orange POSでした。

福田氏:ここ数年、ECとリアル店舗を連携して管理したいというニーズが増えており、iPadやタブレットで使えるEC-Orange POSの問合せをよくいただきます。

「FabCafe」店内の様子

「FabCafe」店内の様子

iPadで「EC-Orange POS」を使用

iPadで「EC-Orange POS」を使用

――世界中のクリエイティブのプラットフォームへ

ニフティ:ニフティクラウドをご採用いただいた経緯と実際の使用感について教えてください。

諏訪氏:実は関井からニフティクラウドを提案されたとき、少し懐疑的でした。
国産のクラウドサービスは、「単なるレンタルサーバーの仮想化じゃないの?」といったところも多く見られ、利用するメリットが少ないのではないかと思っていたからです。

しかし、実際に試してみると、高機能なコントロールパネルも用意されていて、しっかりしたクラウドサービスであることを実感しました。

関井氏:POSレジでの決済のレスポンスも快適で、全く問題ありませんでした。

また、テレビの取材があり、放映日にサイトへのアクセスが増えるのではと懸念されましたが、素早くCPUやメモリのスケールアップを行って対策ができたのはクラウドならではの良さだと思いました。

ニフティ:EC-Orange POSの使い勝手についてはいかがですか?

関井氏:オープンの直前に、アルバイトも含むスタッフ向けに操作のトレーニングを行ったのですが、皆さんすぐに利用できましたので、非常に扱いやすいと思います。

大町氏:UIについては、普段スマートフォンを使っているような方なら誰でもスムーズにオペレーションできることと、クリエイターの方々が利用されるとのことで、スタイリッシュさについても考慮して作りました。

諏訪氏:通常のレジでは面倒な、割引などの設定変更が簡単で自由度が高いのもEC-Orange POSの優れた点です。

ニフティ:今後の展開について教えてください。

諏訪氏:「FabCafe」は今後1年半以内に海外に2店舗目を立ち上げ、世界中のクリエイターの"FAB"なアイデアが集まってくるような場を提供したいと思っています。

EC-Orange POSもニフティクラウドも、そのまま世界で展開できるクオリティ・キャパシティを十分に持っていると思います。

ニフティ:本日はどうもありがとうございました。

FabCafe

FabCafe [EC-Orange POS]

ITとデジタル工作機械による「ものつくり革命」のムーブメント、"FAB"を体験できるカフェ。
FABという言葉には、大量生産やマーケットの理論に制約されない「FABrication(ものづくり)」と「FABulous(愉快な、素晴らしい)」という意味がこめられている。
飲食やコワーキングスペースとしてだけでなく、レーザーカッターなどの機械を備えることで、iPhoneカバーやグリーティングカード、家具など、その場でアイデアを形にできるサービスも提供。

企業情報

株式会社エスキュービズム

「小売のミライをカタチにする」というミッションを掲げ、オムにチャネルO2O/EC構築パッケージ「EC-Orange」「EC-Orange POS」などを展開、近年ではIoT分野にも進出し、「スマートホテルキー」「eCoPA」といったソリューションでさらに多くの顧客課題の解決を図っている。

  • ※注製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
  • ※注本インタビューは2012年4月5日に行いました。2012年4月5日現在の情報です。

その他のECサイト事例