本文へジャンプします。

TOP

ニフティクラウド事例紹介

クラウド トップ>事例紹介 > 導入事例一覧 > 「PFU VPN サービス for NIFTY Cloud」利用事例「医療システム」

ニフティクラウド 「PFU VPN サービス for NIFTY Cloud」利用事例「医療システム」

クラウドとVPNサービスで、医療システムの安定運用を支える

このエントリーをはてなブックマークに追加

日立メディカルコンピュータ株式会社 取締役 メディカル事業部 開発本部長 岡田 純氏

岡田 純

日立メディカルコンピュータ株式会社 取締役 メディカル事業部 開発本部長

日立メディカルコンピュータ株式会社 情報システム部 情報システム課 課長 川田 尊稔氏

川田 尊稔

日立メディカルコンピュータ株式会社 情報システム部 情報システム課 課長

――6年に一度の医療・介護同時改定にあわせてシステムを刷新

ニフティ:今回クラウドの導入を検討された経緯についてお聞かせください

岡田氏:日立メディカルコンピュータでは、医科・歯科・調剤の三事業を柱に、広く医療分野におけるワンストップソリューションを提供しています。この業界では、診療報酬が2年ごと、介護報酬が3年ごとに改定されます。それに対応して、弊社のソリューションもプログラムやデータの更新を行う必要があります。従来はそれらアップデートのためのデータなどと、診療所や調剤薬局の医療事務の方向けと販売会社様向けの2つのポータルサイトをデータセンターに置いていたのですが、平成24年度は、それら2つの改定が同時に来るタイミングでして、サーバーへの相当な負荷が予想されると判断し、柔軟に環境を変更できるクラウドへの移行を検討しました。

ニフティ:従来の環境では、どのような課題があったのでしょうか?

川田氏:診療所や調剤薬局といったお客様が各種データをダウンロードされる時間帯は、朝と昼、そして窓口業務の終わった18時頃です。従来の環境では、その時間帯にアクセスが集中するため、データのダウンロードに非常に時間がかかってしまうことも多くありました。ネットワークの速度に課題があったのです。

――医療の現場ではVPNサービスを利用したセキュアな接続が必須

ニフティ:ニフティクラウド採用の決め手はどんなことだったのでしょうか?

川田氏:PFU VPN サービス for NIFTY Cloud」が利用できることが重要でした。ポータルサイトで使用する情報やコンテンツを安全に運用する点、プライバシー情報を扱うという点で、セキュアなVPNサービスが必要です。

岡田氏:早期に移設を行いたかったので、豊富なオプション機能も含め、価格体系が判りやすく設定されていたことや、サポート面の手厚さが決め手でした。社内での手間もコストと考えていますので、総合的にニフティクラウドと「PFU VPN サービス for NIFTY Cloud」はコストパフォーマンスが優れていると判断しました。

――期限内に構築を終え、回線環境も改善。今後のクラウド活用に期待

ニフティ:移行までどのくらいの期間を要したでしょうか?

川田氏:実質3カ月程度で構築は完了しました。移行については、12月にまずWeb サーバーを、システムと連動するサーバーはお客様側のルーター設定など、環境の調整もありますので慎重に行い、2012年の2月に切換えが完了しました。

岡田氏:移行に際しては、PCのリテラシーに関係なく、できるだけ利用者の負担をなくすよう配慮しました。新システムでもURLや操作感は同じですので、使い勝手は変わりません。ニフティクラウドの快適なネットワーク速度のおかげで、ダウンロード時間は大幅に改善されています。スタッフや販売会社の方々からもダウンロード速度が安定したと好評です。

ニフティ:クラウドを活用した今後の展望について教えてください。

岡田氏:クリニック向けや調剤薬局向けのソリューションもクラウド化できるといいですね。法律の問題をクリアする必要はありますが、情報をセンターに預けて、クリニックのドクターや薬剤師が在宅医療の訪問先で参照したり、相互に共有するような使い方ができるといいと思います。

ニフティ:本日はありがとうございました。

医療システム

医療システム [「PFU VPN サービス for NIFTY Cloud」利用]

日立メディカルコンピュータは、医科・歯科・調剤の三事業を柱として、広く医療分野におけるワンストップ・ソリューションをご提供しています。ITによる業務効率化のご提案から導入後のアフターサービスまで、みなさまが安心して医療に従事できる良質な環境づくりのサポートを行っています。

企業情報

  • ※注製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
  • ※注本インタビューは2012年3月23日に行いました。2012年3月23日現在の情報です。

その他の業務利用事例