本文へジャンプします。

TOP

ニフティクラウド事例紹介

クラウド トップ>事例紹介 > 導入事例一覧 > データ連携ソフト事例「DataSpider ニフティクラウド アダプタ」

ニフティクラウド データ連携ソフト事例「DataSpider ニフティクラウド アダプタ」

この度、ニフティクラウドのサーバー操作をオンプレミスのデータ連携ソフトDataSpider®で行う 「DataSpiderニフティクラウド アダプタ(以下、ニフティクラウド アダプタ)」について、開発元である株式会社アプレッソの小野氏にインタビューを行いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社アプレッソ 代表取締役副社長 CTO 小野 和俊氏

小野 和俊

株式会社アプレッソ 代表取締役副社長 CTO

慶應義塾大学 環境情報学部卒。
サン・マイクロシステムズ株式会社/米国Sun Microsystems, Incで開発に従事。
2000年 株式会社アプレッソ代表取締役就任、データ連携ソフトDataSpider開発。
2002年 Softicソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー受賞。
2004年 未踏ソフトウェア創業事業Galapagosプロジェクト共同開発者。

――国産パブリッククラウドとオンプレミス連携をカンタンに実現

ニフティ:2011年1月から提供開始された「ニフティクラウド アダプタ」の特長を教えていただけますか?

小野氏:「ニフティクラウド アダプタ」は、アプレッソのデータ連携(EAI)ソフトであるDataSpiderのスクリプトに、ニフティクラウドのサーバー操作をカンタンに組み込むことができる便利なアダプタです。 DataSpiderを使えば、企業内外に散在するシステムやデータを連携するサービスをノンプログラミングのGUIで容易に作成できますので、パブリッククラウドとオンプレミスの連携がカンタンに実現できます。 サーバーの起動や停止といった処理を業務の使用頻度やピークに合わせて行うように、インスタンス管理を自動化することも可能です。このアダプタを使用して、ニフティクラウドのサーバー情報の取得も可能です。

ニフティ:どのようなシーンで効果的な利用が見込めますか?

小野氏:夜間のバッチ処理や月末処理など、一定の頻度でピークになる業務処理では特に大きな効果を発揮します。ピーク時に合わせて、必要なタイミングで、サーバーの起動・停止することで、クラウド利用のメリットであるコストの最適化が期待できます。

ニフティ:ターゲットのお客様は?

小野氏:ニフティクラウドを業務システムで利用をしたいユーザー様、ピーク時性能や容量を最適化したい業務をお持ちの場合に適しています。さらにニフティクラウド上でソリューションやサービスを提供されるソフトウエア・ベンダー様にも有効だと思います。

ニフティ:御社製品の販売は、どのようにされていますか?

小野氏:販売パートナー経由で提供しています。特に多いのは、社内システム開発の効率化ですが、システム運用の自動化の目的で導入されるケース、エンドユーザー様がデータ連携の要件定義をされ、SIパートナーが開発の効率を上げるためにご利用いただくケースなどさまざまです。

「ニフティクラウド アダプタ」

「ニフティクラウド アダプタ」

――ニフティクラウドとの連携・活用について

ニフティ:ニフティクラウドのご評価は?

小野氏:まず、シンプルでわかりやすい。メニューも日本語で馴染みやすいですし、サーバー起動がとても速くてムダがない。クラウドサービスにもいろいろありますが、インスタンスを立ち上げ、リモートデスクトップにつないで、セキュリティの設定も必要というような接続前の設定の手順は、ニフティクラウドなら不要です。管理用のURLさえわかっていれば、簡単にインスタンスを立ち上げられますからね。

ニフティ:ニフティクラウドとの連携で、どのような価値をお客様に提供できますか?

小野氏:ニフティクラウドの提供する、従量制料金プラン、オンデマンド性、実績のある大規模システム向けの仮想化技術、低レイテンシーのインフラ、日本語による充実したサポートといったあらゆる利点と合わせて、DataSpiderをさらに広範なユーザーにお使いいただければ、クラウド活用の早期化と普及の促進、お客様のシステムコストの最適化に貢献できると考えています。

ニフティ:より多くのお客様に使っていただくために必要な機能はございますか?

小野氏:既存の社内システムとの連携に対するニーズがさらに増えてくると出てくると思いますので、VPN系の機能がさらに強化されるとエンタープライズ用途のお客様には効果的だと思いますね。

ニフティ:弊社で検討したいと思います。

――今後のビジョン

ニフティ:御社のビジョンをお聞かせいただけますか?

小野氏:今回、ニフティクラウド アダプタを提供したことで、5つの主要なパブリッククラウド(Salesforce.com、Windows Azure、Google、Amazon、ニフティクラウド)との連携機能が揃いました。

今後は、ニフティクラウドによって、国産クラウドのメリットを活かしたパブリッククラウド・オンプレミス連携と、ハイブリッドクラウドでの連携のシーンでは、それぞれのクラウドの適性や用途による、自由なクラウドの使い分けも可能になると思います。

アプレッソでは、この春、IaaSやプライベートクラウドでの利用を意図したDataSpiderの最新バージョンを発表しました。ニフティクラウドのIaaSサービス上でDataSpiderを利用いただいたり、アプレッソのパートナーがDataSpiderを使ったSaaSサービスを提供するといった可能性もあります。

クラウドですから、お客様は物理的なサーバーを設置しなくても、リソースをすぐに利用できますので、今後のDataSpiderのニフティクラウド上での普及にも期待しています。

ニフティ:本日はありがとうございました。

DataSpider ニフティクラウド アダプタ

DataSpider ニフティクラウド アダプタ [データ連携ソフト]

急速に拡大するクラウド連携ニーズに対応するDataSpiderアダプタとして、ニフティクラウド アダプタを提供しています。すでに提供中のSalesforce.com、Windows Azure、Google、Amazonと豊富な種類のデータ連携アダプタで、クラウド-オンプレミスとのシームレスなデータ連携サービスをGUIベースの開発、運用ツールでノンプログラミングで簡単に実現できます。

企業情報

株式会社アプレッソ
株式会社アプレッソ

「つくる」から「つなぐ」をコンセプトに、クラウド・データ連携ソフト「DataSpiderServista」、ビジネスプロセス連携ソフト「DataSpiderBPM」、スケジュール連携ソフト「PIMSYNC」の開発・販売・サポートを行っています。主力製品の「DataSpider」は、国内1,600社以上のお客様にご導入(2012年7月末現在)いただいており、豊富なシステム・データ連携に加え、クラウドとの連携・活用を強化しています。)

  • ※注製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
  • ※注本インタビューは2011年2月1日に行いました。2011年2月1日現在の情報です。

その他の業務利用事例