本文へジャンプします。

TOP

ニフティクラウド事例紹介

クラウド トップ>事例紹介 > 導入事例一覧 > 業務システム開発ツール事例「WaveMaker」

ニフティクラウド 業務システム開発ツール事例「WaveMaker」

株式会社マキシマイズ(以下、マキシマイズ)に、クラウド対応の業務システム開発ツール「WaveMaker™(※注)」のインフラとしてニフティクラウドを採用していただきました。

この度、株式会社マキシマイズの渡邊氏に「ニフティクラウド」を採用するまでの流れについてインタビューを行いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社マキシマイズ 代表取締役 渡邊 哲氏

渡邊 哲

株式会社マキシマイズ 代表取締役

三菱商事、トランスコスモス入社シリコンバレーオフィス駐在を経て、2002年に株式会社マキシマイズを設立し、代表取締役に就任
東京大学工学部卒、米国Yale大学院修了。
共訳書:スティーブン・G・ブランク著"The Four Steps the Epiphany"(邦題「アントレブレナーの教科書」)

――協業パートナーとして、ニフティクラウドと提携

ニフティ:この度は「ニフティクラウド」を採用いただきましてありがとうございます。導入のきっかけを教えてください。

渡邊氏:クラウド対応システムの開発環境である「WaveMaker™」を日本国内で展開するにあたって、まずは協業パートナーとしてのオープンなクラウドベンダーを探していました。

ニフティ:協業パートナーとしてニフティクラウドを選ばれた理由は何でしょうか?

渡邊氏:WaveMaker™社はもともと米国でAmazonやRightScaleといったオープンなクラウドベンダーと提携しております。
日本での製品展開を進めるにあたって、日本のベンダーであり、国内にデータセンターを持つニフティクラウドとの協業は欠かせないものと考えました。

――デモアプリケーションのインフラにニフティクラウドを利用

ニフティ:実際にどのような形でニフティクラウドをご利用いただいていますか?

渡邊氏:WaveMaker™をニフティクラウド上でのSaaSアプリケーション開発に利用いただけることをパッケージベンダー各社に知っていただくために、まずは当社自身で簡単な業務アプリケーションを開発し、ニフティクラウド上でデモアプリケーションとして公開しています。

ニフティ:導入はスムーズにいきましたか?

渡邊氏:手間も少なく、簡単に開始できました。FAQにいろいろ情報があるのも良かったです。まだ小規模でしか利用していませんが、運用の負荷も軽いと思います。

ニフティ:コントロールパネルの使い勝手はいかがですか?

渡邊氏:担当エンジニアの評判は非常に良く「操作を行った際の反応が早くストレスが少ない」「サーバーの作成時の見積価格表示やインスタンス作成時のステータスがリアルタイムで更新されていくので見た目にも楽しい」などと聞いております。

ニフティ:ニフティクラウドに対する不満点や改善要望点はありますか?

渡邊氏:機能面の要望としては、選択できるサーバーのイメージの種類を増やしてほしいですね。例えばUbuntuなど、普段使いなれたものがあれば嬉しいです。
ファイアーウォールについてはiptablesなどで個別に行う前提だと思いますが、AWSにあるセキュリティグループのような機能もあると良いと思います。

ニフティ:ファイアーウォールは今後ご提供の予定がございますので、いましばらくお待ちいただければと思います。
最後に、ニフティクラウドに対するご評価をいただけますか?

渡邊氏:前述の通り、担当エンジニアの評判も良く、データセンターが国内ということもあってコントロールパネル含め非常にレスポンスが良いと感じました。
また、協業パートナーとしても常に迅速にご対応いただき、大変気持ち良くお仕事させていただいています。

ニフティ:今後も便利で使いやすいサービスを提供していくとともに、協業パートナーとしても良いお付き合いさせていただければと思います。
本日はありがとうございました。

WaveMaker

WaveMaker [業務システム開発ツール]

クラウド対応の業務システム開発ツールです。 各種ブラウザーで動作し、ユーザーPCへのモジュール導入不要ですので、取引先や顧客に公開するシステム、SaaSアプリケーションなど、不特定多数ユーザー向けアプリケーションに最適です。 非同期通信、ブラウザー間の微妙な差異など、Ajax/Java開発で難しいとされていた部分をツールが吸収し、C/Sライクなシステムが容易に開発できます。

企業情報

  • ※注製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
  • ※注本インタビューは2010年10月13日に行いました。2010年10月13日現在の情報です。

その他の業務利用事例