本文へジャンプします。

ニフティクラウド APIリファレンス

ニフティクラウドストレージ SDK for Javaについて

ニフティクラウドストレージ SDK for Javaは、アプリケーション開発者がニフティクラウドオブジェクトストレージおよびニフティクラウドストレージ(旧)の機能を簡易に利用するためのサンプルコード・ライブラリ群になります。
また、中身を展開すると、コマンドラインで利用できるようシェルのCLIが同梱されています。

バケット(ストレージ領域)の作成やオブジェクト(フォルダーやファイル)の作成・一覧の取得 ・削除やACL(権限)操作などが可能です。
このSDKを利用して、オブジェクトストレージやニフティクラウドストレージ(旧)の操作や管理アプリケーションの開発などをより容易に実現することができます。

ニフティクラウドストレージ SDK for Javaに含まれているもの

  • ニフティクラウドストレージCLI(シェル)
    コマンドラインでターミナルやコンソールから、容易にオブジェクトストレージやニフティクラウドストレージ(旧)の機能を利用できます。
  • ニフティクラウドストレージ Java ライブラリ
    オブジェクトストレージやニフティクラウドストレージ(旧) API(REST)との通信、処理を実装した Java API です。
    REST の知識がなくても、お使いの Java IDE を利用してアプリケーションの開発をすることが可能です。
  • サンプルコード
    アプリケーション開発のためのライブラリ使用例を内包しています。

動作環境

  • Java SE Development Kit 6(JDK6)以降
  • Linux系サーバー

ニフティクラウドストレージ SDK for Javaは、オブジェクトストレージの操作にも対応しております。

オブジェクトストレージでご利用する場合は、最新バージョンのSDKをダウンロードしてご利用ください。

ダウンロード

以下より、最新版をダウンロードできます。

API 認証キーの取得

ニフティクラウドストレージ SDK for Java を利用するためには、API 認証キーの取得が必要です。

API認証キーは、オブジェクトストレージおよびニフティクラウドストレージ(旧) API の認証、リクエスト元の識別のために利用されます。
API認証キーは、公開キー(AccessKey)と秘密キー(SecretAccessKey)のペアからなります。

AccessKeyとSecretAccessKeyの取得の方法は下記ページをご覧ください。

  • ※ご注意
    秘密キー(SecretAccessKey)が外部に漏れると、第三者から API が実行される可能性があります。外部に漏れないよう、秘密キーの取り扱いには十分ご注意ください。

利用方法

サンプルの実行を例に、簡単な利用方法を紹介します。

定義ファイル(NiftyCloudStorage-SDK-CLI配下にあるcredentials.properties)の以下の部分に取得した API 認証キーを埋め込みます。

# Fill in your Nifty Cloud Storage Service Key ID and Secret Access Key
# http://------
accessKey = abcdefghijk0123456789
secretKey = mnopqrstuyxz9876543210987654321

サンプルコードをコンパイルして実行します。

  • ※暗号化を利用する場合
    Java実行環境の初期設定では、AES暗号化に使用できる鍵長に制限があり、128bitのみ許可されています。暗号化に256bitの鍵を使用しますので、制限を解除する必要があります。
    使用するJavaのバージョンに合った「JCE Unlimited Strength Jurisdiction Policy Files」を以下からダウンロードし、制限解除を行ってください。

ニフティクラウドストレージ Java API リファレンス(JavaDoc)

推奨画面サイズ 1024×768 以上