本文へジャンプします。

ニフティクラウド APIリファレンス

クラウド トップ>API>ESS>VerifyDomainDkim

ESS:VerifyDomainDkim

概要

指定したドメインに対してDKIMトークン一式を生成して返すとともに、DKIM署名に必要な設定が完了したかどうかを検証する手続きを開始します。

DKIM署名メールが送信可能になったドメインに対してDKIM署名を有効化、無効化するには「SetIdentityDkimEnabled」を使用してください。

リクエストパラメーター

要素名 説明 必須 最大値 デフォルト値 備考
Domain DKIM署名検証対象のドメイン名 文字列  

レスポンス

要素名 説明 備考
VerifyDomainDkimResponse ルート  
VerifyDomainDkimResult 結果  
DkimTokens DKIMトークンのリスト  
member DKIMトークン 文字列  
member DKIMトークン 文字列  
member DKIMトークン 文字列  
ResponseMetadata 共通メタ情報  
DKIMトークンについて

ドメインの身元をあらわす文字列です。
これらのトークンを使用して、DKIM公開鍵を置いてあるニフティクラウド ESSのホストに転送するようにDNS CNAMEレコードを定義する必要があります。

DNS更新後、72時間以内にDNSレコードが更新されたことを検出します。
検出に成功すると、ニフティクラウド ESSからDKIM署名メールを送信可能になります。
各ドメインにつき、トークンは3つ所持しているので、レスポンス(XML)では、常にmemberは3つ返却されます。

エラー

エラー種別 HTTPステータスコード 説明
ValidationError 400 パラメーターが不足です。
InvalidParameterValue 400 無効な値または範囲外の値を入力パラメーターに指定しています。

サンプル

リクエストサンプル
POST / HTTP/1.1
Authorization: NIFTY4-HMAC-SHA256 Credential=<Credential>/20140320/east-1/email/nifty4_request, SignedHeaders=content-type;host;x-nifty-date, Signature=<Signature>
Host: ess.api.cloud.nifty.com
Content-type: application/x-www-form-urlencoded; charset=utf-8
X-Nifty-Date: 20140320T112311Z
Content-Length: 43

Action=VerifyDomainDkim&Domain=example.com&Version=2010-12-01
レスポンスサンプル
HTTP/1.1 200 OK
Date: Thu, 20 Mar 2014 11:23:11 GMT
x-amzn-RequestId: 5e84d51e-3050-4407-9517-3d6906d2f1de
X-Nifty-RequestId: 5e84d51e-3050-4407-9517-3d6906d2f1de
Content-Type: text/xml
Content-Length: 2494
Connection: close


<VerifyDomainDkimResponse>
  <VerifyDomainDkimResult>
    <DkimTokens>
      <member>kualucltd26z4yipt6owl4mikb4fmfvq</member>
      <member>xwelpa6tnx5geyief43plnmg6yrwvkvg</member>
      <member>oa3sn4i3gjljpmj2b62dvgrwen4goibu</member>
    </DkimTokens>
  </VerifyDomainDkimResult>
  <ResponseMetadata>
    <RequestId>2c253c6b-caa1-11e3-a7ab-2b7b69e49394</RequestId>
  </ResponseMetadata>
</VerifyDomainDkimResponse>

推奨画面サイズ 1024×768 以上