本文へジャンプします。

ニフティクラウド APIリファレンス

nifty-update-lb

処理概要

API「UpdateLoadBalancer」が実行されます。

指定したロードバランサーの定義を更新します。

ポート定義を更新する場合は、ポート番号もあわせて指定します。

削除済みのロードバランサー名・待ち受けポートを指定した、管理外のロードバランサー名を指定した場合は、エラーが返されます。

コマンド構文

nifty-update-lb ロードバランサー名 [オプション]

オプション

オプション 短縮 説明 必須
--lb-port LBPORT   待ち受けポート番号を指定します。 ○(ポート定義・ロードバランス方式を変更する場合)
--instance-port INSTANCEPORT   宛先ポート番号を指定します。 ○(ポート定義・ロードバランス方式を変更する場合)
--listener "protocol=value, lb-port=value, instance-port=value",balancing-type=value [ --listener "protocol=value, lb-port=value, instance-port=value" ,balancing-type=value ] -1 ロードバランサーのポート番号とプロトコルを指定します。
protocol : HTTP | HTTPS | FTP | 空(カスタム)
lb-port / instance-port : protocolでの指定値による
80(protocol=HTTP) | 443(protocol=HTTPS) | 21(protocol=FTP)
balancing-type : 1 (Round-Robin) | 2 (Least-Connection)
 
--network-volume VOLUME   最大ネットワーク流量を指定します。  
--accounting-type TYPE   料金タイプを指定します。
1 (月額課金) | 2 (従量課金)
 

出力要素

なし

実行サンプル

PROMPT>nifty-update-lb lb01  --lb-port 443  --instance-port 443  --listener "protocol=, lb-port=443, instance-port=8443"

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上