本文へジャンプします。

ニフティクラウド APIリファレンス

nifty-set-lb-listener-ssl-cert

処理概要

API「SetLoadBalancerListenerSSLCertificate」が実行されます。
指定したロードバランサーへSSL証明書を取り付けます。

削除済みのロードバランサー名・待ち受けポートを指定した、管理外のロードバランサー名を指定した場合は、エラーが返されます。

削除済みのSSL証明書を指定した、管理外のSSL証明書を指定したなど、無効なSSL証明書を指定した場合は、エラーが返されます。

コマンド構文

nifty-set-lb-listener-ssl-cert ロードバランサー名 [オプション]

オプション

オプション 短縮 説明 必須
--lb-port LBPORT -l 待ち受けポート番号を指定します。
--instance-port INSTANCEPORT   宛先ポート番号を指定します。
--cert-id VALUE -c ロードバランサーへ設定する証明書の発行識別子を指定します。

出力要素

なし

実行サンプル

PROMPT>nifty-set-lb-listener-ssl-cert lb1 --lb-port 80 --instance-port 80 --cert-id 100
nifty-set-lb-listener-ssl-cert: ロードバランサーへSSL証明書を取り付けました。

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上