本文へジャンプします。

ニフティクラウド APIリファレンス

nifty-describe-volumes

処理概要

API「DescribeVolumes」が実行されます。

指定したディスクの情報を取得します。

ディスクを指定するためには、ディスク名が必要です。削除済みのディスクを指定した、管理外のディスクを指定したなど、無効なディスクを指定した場合は、エラーが返されます。

ディスクを指定しない場合、取得できるすべてのディスク情報を取得します。

コマンド構文

nifty-describe-volumes [ディスク名 [ディスク名 [...]]]

オプション

なし

出力要素

※ニフティクラウドAPIの応答フィールド名を記述します。

  • VOLUME / volumeId
  • VOLUME / size
  • VOLUME / diskType
  • VOLUME / snapshotId
  • VOLUME / availabilityZone
  • VOLUME / status
  • VOLUME / createTime
  • VOLUME / accountingType
  • VOLUME / nextMonthAccountingType
  • ATTACHMENT / volumeId
  • ATTACHMENT / instanceId
  • ATTACHMENT / device
  • ATTACHMENT / status
  • ATTACHMENT / attachTime

実行サンプル

PROMPT>nifty-describe-volumes disk01
VOLUME  disk01  100  Standard Storage    east-11  in-use  2010-10-21T11:22:33.456Z 1 2
ATTACHEMENT disk01  server01  SCSI(0:1)  attached  2010-10-23T08:22:33.456Z

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上