本文へジャンプします。

ニフティクラウド APIリファレンス

nifty-create-image

処理概要

API「CreateImage」が実行されます。

指定したサーバーをイメージ化し、カスタマイズイメージとして保存します。

サーバーをイメージ化するためには、サーバーが停止中もしくは起動中である必要があります。

カスタマイズイメージの作成には、時間がかかることがあります。このAPIのレスポンス「imageState」を確認し「pending」が返ってきた、タイムアウトした場合は、API「DescribeImages」のレスポンス値「imageState」でカスタマイズイメージのステータスを確認できます。

処理が失敗した場合、カスタマイズイメージは保存されず、エラーが返されます。
ディスクが接続しているサーバーのイメージ化は、指定したサーバーと同一ゾーンでのみ実行可能です。

コマンド構文

nifty-create-image サーバー名 [オプション]

オプション

オプション 短縮 説明 必須
--name NAME -n イメージ名を指定します。
--description DESCRIPTION -d イメージのメモを指定します。  
--left-instance VALUE   イメージ化元サーバーを残すかどうかをtrue/falseで指定する
デフォルト=true
 
--region-name REGION   イメージのリージョンを指定します。  
--availability-zone ZONE -z イメージのゾーンを指定します。  

出力要素

※ニフティクラウドAPIの応答フィールド名を記述します。

  • IMAGE / imageId

実行サンプル

PROMPT>nifty-create-image server01 --name customimage -region-name east-1 -availability-zone east-11
IMAGE 10022

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上