本文へジャンプします。

ニフティクラウド APIリファレンス

コマンドラインツールについて

コマンドラインツールの利用には、前提知識以外に別途以下の知識を持つ方を前提としています。

  • HTTP/HTTPS通信に関する知識

ご利用いただけるAPIの一覧および、APIの仕様については以下をご覧ください。

コマンドラインツールのダウンロード

以下より、最新版をダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルを、ローカルフォルダの任意のパスに展開します。
展開したファイルには適宜実行権を付与してご利用ください。

AccessKey/SecretAccessKeyの取得

AccessKeyとSecretAccessKeyを使って認証を行います。
各Keyを取得し、認証文字列を生成します。
リクエスト情報にこの認証文字列を付加することで、ニフティクラウドAPIシステムで認証が可能となります。

AccessKeyとSecretAccessKeyの取得の方法
ニフティクラウド コントロールパネルへログインします。
左メニューの「API認証」を選択します。
認証キーの「新規作成」ボタンを押下します。
ウィザードに従って完了画面まで進め、画面に表示されたAccessKeyとSecretAccessKeyの文字列をコピーします。
  • ※1度作成したAccessKeyとSecretAccessKeyは、上記2.にて取得できます。再作成する場合は、上記手順を再度行ってください。

環境変数の設定

コマンドラインツールの動作には、環境変数を設定する必要があります。
以下のページより、環境変数をご確認ください。

CLIでのエンドポイントの切替方法

環境変数「NIFTY_CLOUD_URL」でリクエスト先を切り替えることが可能です。
例:
set NIFTY_CLOUD_URL=https://west-1.cp.cloud.nifty.com/api/
共通オプション「--url」でリクエスト先を切り替えることが可能です。 nifty-describe-instances --url https://west-1.cp.cloud.nifty.com/api/

ニフティクラウド サイト内検索

APIメニュー

  • ツイッターでフォローしてください
  • ニフティクラウド公式フェイスブックページ

推奨画面サイズ 1024×768 以上